単1型の充電池を買うメリットとデメリット

単1型の充電池を買うメリットとデメリット

eneloopやその他の充電池は単3型や単4型だけではありません。
単1型や単2型のニッケル水素充電池が売られています。

ところが、よく考えてみると単1型や単2型の充電池がなくても
単3型充電池とスペーサーがあれば単1型にも単3型にも変換できますよね。

あえて単1型や単2型のサイズの充電池を選ぶメリットはあるのでしょうか?

Panasonicスペーサー

【メリット】サイズが大きいと電池容量が増える

単3型の充電池とそれより大きいサイズの充電池の決定的な違いは
充電池の電池容量の差にあります。

サイズが大きな分だけ、より多くの電力を蓄えられるので
大きいサイズの充電池の方が電池持ちがいいのです。

例えば、最も一般的な単3型のスタンダードモデルeneloopなら
電池容量はmin 1900mAhです。
電池容量を増やした単3型eneloop proでもmin 2450mAhとなっています。

それに対し、より大きなサイズのニッケル水素充電池であるPanasonicの
単2型充電池はmin 3000mAhとなっています。
単1型充電池ではなんとmin 5700mAhです。

電池容量がサイズの大きな充電池の強みなのです。

単1型充電池

【デメリット】専用の充電池が必要になる

eneloopのような充電池を使うためには充電器で充電を行う必要があります。
しかし、サイズが大きいために一般的な充電器では
単1型や単2型の充電池は充電をすることができません。

専用の充電器が必要になりますので
サイズの大きな充電池を使うための出費が増えます。
しかも、サイズの大きな充電池が充電できる充電器は
急速充電などが行えず単3型充電池との併用では利便性を損なってしまいます。

【デメリット】充電池の値段が高く、性能は低い

サイズの大きな充電池が性能面で勝っているのは
電池容量だけで他の面では単3型に負けています。
Panasonic製のものでは繰り返し回数が約1000回と
約2100回のeneloopや約1800回の繰り返し使用が可能な
ものと比べて性能が落ち込んでいるのです。

また価格が1本で1000円以上するなど
単3型数本分の値段であり高い価格になっています。
充電器の購入も含めるとこの出費は大きいでしょう。

電池容量が重要な場合に価値がある

つまり、単1型や単2型の充電池を選ぶ場合には
電池容量の大きさが重要である用途であることになります。
電池容量が必要でなければサイズの大きな充電池に
価値が生まれることもないでしょうからね。

単1型や単2型はスペーサーがあれば代用は可能なのですから
どうしてもという理由が出てきた時に購入を考えるといいでしょう。

世代の違うeneloopを混ぜて使うことはできるのか?

世代の違うeneloopも一緒に使うことができる

新しいeneloopを購入した時などに悩みの種になるのが
古いeneloopと新しいeneloopを混在させていいのかどうかだ。

いくつもの世代が発売されてきたeneloopだが
実は別の世代を一緒にして使うことができるようになっている。
eneloopMazemaze

なぜeneloopは世代を混在させても大丈夫なのか?

一般的には電池を混在させて使うことはあまり望ましいとは言えない。
eneloopのようなニッケル水素充電池や
安価に入手可能なアルカリ乾電池でも同じだ。

なぜ混在してはいけないのかと言うと、
それぞれの電池容量の違いにある。

例えば、2000mAhの電池と1000mAhの電池を2本一緒に使った場合
全体としてみると1000mAhの電池容量しかないことになる。

片方が電池切れしてしまったため
もう一方にいくら電池残量があっても意味がないためだ。

デジカメのような一定の電圧が必要な機器においては
電圧の不足によって機器が動かなくなってしまう。

eneloopは代々同じ電池容量になるようにしている

eneloopが混在して使用できるのは世代が変わっても
電池容量をmin 1900mAhで変わらずに保っているためだ。

従来のeneloopと新世代のeneloopを混在して使用しても
電池容量の差がないため無駄なく使用することができる。

eneloopの電池容量を変えない様子をみると
第2世代の時の方針が今も継続していることがわかる。

とくに今回の新モデルは旧モデルと容量が変わらないため、
同時に使用しても性能低下などにはつながらないという。

容量を変えなかったことの理由の1つは、
このような混在利用するケースに対応するためともしている。
三洋、繰り返しサイクル数が1.5倍になった新型eneloopを発表 – 家電Watch

混在使用を活かした活用法を見つけよう

混在使用を前提に作られているeneloopだが
自然放電特性の改良などの恩恵を受けるためには混在はすべきではない。

混在して使用すること自体には問題がないということを覚えておくと
eneloopをより効率的に活用できるはずだ。

使わなくなったeneloopを組み合わせて使用するなどして
eneloopの最大の特徴である繰り返し回数の多さを活かすといいだろう。