eneloopを選ぶ理由とラインナップ

eneloopを選ぶ理由とラインナップ

eneloopは従来の充電池よりも容量が多いことが魅力の1つです。
充電池の容量増加によって一度の充電をしておくだけで
電気製品を長時間稼働させられるようになります。
つまり、電池切れで使用不能になってしまう機会も減りますし
再充電をする手間も少なくなりますね。

電池容量の違い

今までの充電池はeneloopのような電池容量が実現できていませんでした。
その為、何度も充電する必要があって面倒でした。
eneloop以前の充電池は使用する前に充電をしなくてはならないので
予備があっても充電するための時間が必要だったのです。
さらに、この充電回数の多さによって充電池を使用する人は
カメラなどの需要がほとんどでごく僅かでした。
充電回数が増えると繰り返し回数の消費スピードも速いので
早めに買い換えなければならなかった事も挙げられます。

あらゆる用途で使える

eneloopにはいくつかの用途に応じたモデルが複数ラインナップされていて
自分の用途に適したものを選ぶこともできます。
特に用途を決めていなくてもスタンダードモデルであれば
電池容量も乾電池よりもはるかに大きく
繰り返し回数も多いのであらゆる用途で活用出来ます。

スタンダードモデルのeneloopの他に
お手軽モデルのeneloop liteや
ハイエンドモデルのeneloop proが用意されています。

お手軽モデルなら安く買える

お手軽モデルのeneloop liteは繰り返し回数がスタンダードモデルよりも
倍以上に多いことからスマホの充電のようにこまめに充電しながら
使いたい人におすすめです。
ただし、eneloop liteはスタンダードモデルよりも電池容量が少なめなので
消費電力の多い機器に長時間使いたい場合にはあまり向いていません。
乾電池のような感覚でeneloopを使いたい時に使えるのがeneloop liteです。
1本あたりの価格が安く、入手性が高いため
今までの乾電池と置き換えるようなつもりで使うと
便利に使えそうですね。

電池持ちがもっと欲しい時は

ハイエンドモデルのeneloop proは電池容量がさらにアップされたもので
消費電力の高い機器に使うことでeneloop proでより長時間動かせるようになります。
スタンダードモデルよりも値段も高めで、繰り返し使用回数が少ないのが
ハイエンドモデルeneloop proの残念なところですね。
カメラなどのフラッシュは電池の消費が激しいために
スタンダードモデルよりももっと電池容量が多いものが欲しくなるものです。
もしも、写真撮影などが趣味で今使っている電池の電池容量に不満のある方は
eneloop proを試してみるとカメラに集中できる時間が増えますね。

なぜeneloopは売れるのか、用途に応じたラインナップも充実した充電池

人気が高い理由とは?

eneloopは年々売り上げを増している人気の充電池です。
なぜeneloopはこれほどまでに人気が高いのでしょうか?
それはeneloopが従来の充電池にあったデメリットを克服した
新しい充電池として開発されたからです。
eneloop以前の充電池には電池の容量の少なさと
充電回数の耐久数の少なさが目立ちました。
乾電池よりも高い値段を出して充電池を買ったのに
電池がすぐに終わってしまったり、すぐに使えなくなってしまったので
乾電池のほうが気軽に使えた時代があったのです。

優れた長持ち性能

eneloopが誕生して、今までカメラなどの狭い世界でしか需要がなかった
充電池が乾電池の代わりになるぐらい優れたものとして人気が高まってきました。
eneloopは電池の容量が高いため、乾電池の何倍も
電気機器を使い続けることができます。
乾電池ではすぐに交換しなければならないといった場合には
eneloopを使うことを強くおすすめできます。
eneloopなら長時間使い続けられるため、電池交換の手間がなくなるからです。
さらに、充電回数の耐久数も高いので何度も使えます。
乾電池よりも値段の高いeneloopですが
繰り返し使うことを考えれば割安な値段になります。

ラインナップから自分好みのものを選べる

eneloopを買う時にいくつかの種類があることに気付くでしょう。
eneloopは用途に応じた3つのラインナップを用意してあります。
一般的にeneloopといったらスタンダードモデルのeneloopを指します。
電池の容量と充電回数の耐久数を両立させたモデルで
様々な用途に使うことができるのが魅力です。
どのモデルを選ぶべきかわからない時には
スタンダードモデルを選んでおけば問題ありません。

充電池が始めてならeneloop liteがいいかも

eneloop liteはお手軽モデルとして、気軽に使える充電池として開発されました。
スタンダードモデルよりも1本あたりの値段が安いので
よく電池をなくしやすいお子さんなどにはeneloop liteを買ってあげるといいでしょう。
スタンダードモデルとの違いは値段だけでなく
繰り返し回数の多さも挙げられます。
目覚まし時計のような充電回数が少ないものであれば
一度買ったeneloop liteが一生ものになるに等しい耐久力です。
とりあえず乾電池からeneloopに置き換えたい時には
eneloop liteでお財布に優しく入れ替えるのもいいですね。

高性能なハイエンドタイプも

ハイエンドモデルのeneloop proはプロのカメラマンが使うような充電池です。
電池の容量がさらにアップされているのですが
値段も高く、耐久力も落ちてしまっているので一般的な用途には向いていません。
カメラで写真を取るのが大好きな方は電池容量の高いeneloop proを
検討することで電池交換の手間をもっと減らせるようになるでしょう。

なぜeneloopを選ぶのか、どのeneloopを選ぶのか

高い電池容量が魅力

eneloopには他の充電池にはない高い電池容量があります。
電池容量とは電池をどれだけ長く使うことができるかが
ひと目でわかるものです。
eneloop以前にあった充電池は残念ながら電池容量が
あまり高くないため充電回数が多かったり
電池の使用耐久力があまりないことがありました。
eneloopは電池容量が多いので少ない回数の充電で
たっぷりと使い続けられるため耐久力もアップしています。

幅広い用途で活用できる

何度も充電していてた過去の充電池よりも
格段にアップしたeneloopの性能によって
充電池の用途がもっと幅広くなってきました。
例えば、時計などに入れていた乾電池の代わりに
eneloopを使うことを考えてみましょう。
乾電池でも十分に時計を長時間動かせていますが
止まる時は急に止まってしまいますよね。
eneloopを代わりに使うようにして年に1度ぐらいのペースで
充電してあげれば、あなたの家の時計が止まって困ることはもうなくなります。
乾電池の代わりとして活用できるようになったことで
eneloopは充電池の世界に衝撃を与えたのです。

eneloopにはいくつかのラインナップがあり
用途に応じて買いわけることができます。
よくわからないという方はスタンダードモデルを
買っておけば使用に困ることはないでしょう。

eneloop liteならもっと気軽に

もしも、もう少し安くeneloopを使い始めたいという方は
eneloop liteを検討してみましょう。
お手軽モデルのeneloop liteは価格が安く
たくさんの数のeneloopを使いたい時に便利です。
その代わり、スタンダードモデルよりも電池容量が少なめで
懐中電灯のような消費ペースの早いものでは
充電回数の増加で面倒が増えてしまうかもしれません。
今まで乾電池を使っていた目覚まし時計や
小型のLEDライトなどの用途にeneloop liteは向いています。

本格的なカメラでの使用ならeneloop pro

また、カメラのような消費電力の高い機器にeneloopを使いたい時には
電池容量が増加されたeneloop proが用意されています。
ハイエンドモデルのeneloop proはスタンダードモデルよりも
長時間使い続けることができるため
フラッシュなどを多用するカメラのような消費電力の高い機器に使うことで
電池交換の手間をなくしたり、準備しておく予備の数を減らすことができるでしょう。
その瞬間をカメラで撮らなければならない写真撮影に置いては
少しでも被写体に集中できるようにeneloop proで電池切れの
心配を減らしておくような使い方ができますよ。

eneloopがシェアを広げた理由と用途の幅広さ

充電池を使ってみよう

eneloopはこれから先私たちになくてはならないものになるような
性能の高さが魅力の充電池です。
実際に、eneloopは販売から数年で売り上げを伸ばし
大きなシェアを確保している世界的にも有名な充電池です。
eneloopの特徴は高い電池持ち能力と
耐久力の高さを示す繰り返し使用回数の多さにあります。
電池持ちがいいので一回の充電で長く使い続けることができるだけでなく
その充電の回数も多くなっているので一生ものにもなるような充電池なのです。
eneloopがシェアを広げてきた理由には
充電池としての性能の高さが貢献してきました。

昔の充電池よりずっと進化したeneloop

今までの充電池はどんなものだったのかというと
値段が高いだけで電池持ちもそれほど良くなく
使用回数が限界に達することで買い替えも必要になるようなものでした。
充電池といえば乾電池よりも数十倍高くなってしまうという
初期費用の高さが問題でしたが
それに見合わない性能が充電池の需要を押し下げていたのです。
eneloopが急激に大きなシェアを獲得できたのは
従来の充電池の性能があまりにも頼りなかったとも言えますね。

使いやすいスタンダードモデル

eneloopを導入するのであれば、家電量販店でもよく売られている
スタンダードモデルのeneloopが最もおすすめです。
スタンダードモデルは先ほど説明したような
高い電池持ちと繰り返し使用回数が多いことが特徴です。
ですから、どのような用途にも対応できる性能の高さがあります。
他のモデルと悩んだ時には迷わずスタンダードモデルを選びましょう。

乾電池代わりに気軽に使えるモデル

eneloopのシェアが高まってくると乾電池の置き換えとしての需要が高まっていきました。
その結果生まれたのがeneloop liteです。
eneloop liteには繰り返し回数がスタンダードモデルよりも倍に
伸びていることが挙げられます。
ただし、電池持ちはスタンダードモデルよりも半分以下となっていて
乾電池でも十分に電池持ちが確保できるような目覚まし時計などの用途に向いています。
値段が安めなのも魅力ですから、電池を紛失してしまうことの多い
旅行先などの使用のために買う方もいますね。

デジカメをもっと長持ちに

最後に紹介するのは一般的な用途にはおすすめできないハイエンドモデルの
eneloop proというモデルです。
eneloop proは従来から充電池を多用していたカメラ用電池として
使用するために電池持ちがさらに高められています。
ただし、繰り返し使える回数が少ないデメリットがあるので
特別な用途以外で使うのであればスタンダードモデルを選ぶほうが得策です。
カメラが趣味の方にはeneloop proが大活躍しますので
カメラ用にはeneloop proを選んであげるといいでしょう。

充電池選びで値段を気にするべきでない理由

充電池選びで値段を気にするべきでない理由

充電池選びでなくてもどのブランドの製品を選ぼうかと考える時に
値段の差を気にすることはよくあることですよね。

でも、充電池選びでは値段をあまり気にせずに
ブランドを選ぶべきだと考えます。

!

それは充電池においては性能を重視したほうが
購入するコストを節約を重視するよりもよい場合があるからです。

高くても繰り返し使用回数が多かったらお得

高いからといって損ではないのは繰り返し使用回数に
ブランドごとに差があるためです。

さらにいえば、日本ではeneloopや充電式EVOLTA
IMPULSEやサイクルエナジーが有名な充電池ブランドですが
それらのブランドにそれぞれ異なった性能のモデルが用意されています。

どれだけ高い頻度で再充電を繰り返すかでも
あなたにあった充電池を見つけるヒントになります。

そして、それは値段が安いか高いかでは判別が難しいです。
だから値段を気にせずに性能を比較していくことが大切といえます。

長い期間付き合うからこそ値段の差は気にならない

近年になってめまぐるしい進化を遂げた充電池は
繰り返し回数をみても数年以上使い続けることになることがわかります。
例えば、私が使っているeneloopは5年以上経っても未だに使い続けています。

5年間も使いつづけることができると1000円も500円もそれほど差はありません。

むしろ、性能の差によって利便性で違いがあることの方が重要です。
充電池は後からもっと性能の良い物に交換することはできませんからね。

長く付き合っていけるような性能の高いものを選ぶほうが
気持よく使っていけるのではないでしょうか。

廉価版があって値段で比較するのが難しい

充電池市場ではeneloop lite、充電式EVOLTAeといった廉価版の
安くなったモデルが用意されています。
これには理由があって、繰り返し回数を増やすために
別モデルとして発売する必要があったからです。

eneloop lite

充電池ではその仕組から、安くしようと思えばいくらでも安くできるのです。

しかし、性能は大きく変わってしまいます。
乾電池同様に使いたいのであればeneloopでは
スタンダードモデルを選ぶべきです。

より安いものを選ぶつもりであれば、安いだけの理由を
お手軽モデルとして発売されているものの良さを理解した上で選ぶことが大切です。

充電器が使いまわせないことも覚えておこう

始めて充電器を買う時にはそのブランドの充電器を買うことになると思いますが
基本的に充電器の使い回しは推奨されていません。
(eneloopと充電式EVOLTAの最新世代の充電器は使いまわし可能)

充電器は電池よりもさらに長く使い続けていくものです。
利便性を重視して少し高めのものを選んでおく方が失敗は少ないと思いますよ。
最後に決めるのはみなさんですので、自分に合ったものを見つけてみてください。

デザインで充電池を選ぶメリット

充電池を選ぶならデザインも大切?

みなさんは何かを買う時にデザインで選んだことはありませんか?
デザインが違うだけで持っているだけでも気分がよかったり
使い心地もなんだか違うように感じますよね。

充電池においてもデザインの違いは単なる見た目の違い以上の
影響を私たちに与えてくれます。
充電池をデザインで選ぶメリットについて考えていきましょう。

電池の種類を見分けられるデザイン

同じ電池でも2次電池と1次電池では使い方がまるで違います。
そして、それを見分けられるデザインであることは充電池選びでは重要です。
eneloopなどの充電池は2次電池といって
充電をすることで何度も使うことができます。

しかし、乾電池は1次電池ですから一度使ったら捨てなければなりません。
この使い終わった電池の扱いの違いがあるので
充電池とひと目でわかるようなデザインが求められるのです。

何年も付き合うからこそデザインも重要

eneloopのように繰り返しで約2100回も使えるような充電池では
何年も使い続けることになります。

ところで、電池は普通フタで隠されて使っている間は見ることのないものですよね。
ですから「使っている間に見ないのならデザイン(見た目)で選ぶ必要はない」
このように考える人もいます。

しかし、充電池は充電をしたりカバンに入れて持ち歩くなどして
目に触れる機会が乾電池よりもはるかに多いです。
何年も使い続けて何度も目にするからこそ
デザインのよさは充電池選びで吟味する必要があるでしょう。

捨てる瞬間までデザインと付き合うということ

わたしたちが充電池を買った瞬間に
その充電池を捨てるまでそのデザインと付き合うことを決めたことになります。
今の充電池はeneloop以外を含めても繰り返し使用回数が
格段に進歩してきました。

つまり、どれを選ぶとしてもかなり長い期間使い続けることになるでしょう。
そして、一度決めたら電池のデザインを途中から変更することはできません。
気に入ったデザインの充電池を選んでおけば後悔することはありませんから
その時の最高の電池をデザインも含め選んでおいた方がいいのです。

きっと最後の最後まで満足感を持って使い続けることができるでしょう。

充電池は見た目で楽しむもの

充電する時に何気なくクルクルと回してeneloopロゴを表にしていることがあります。
オシャレなデザインだと何気ないシーンでもそれを楽しんでしまうものです。

あなたにとって素晴らしいデザインの充電池を探してみてください。
最後まで大切に使いたくなるようなものが見つかるといいですね。

eneloopを買い足すならどれを選ぶべきか?

eneloopを買い足すならどれを選ぶべきか?

eneloopを買い足す時に何本入のパックを買うか
あなたは選ぶことになるでしょう。

その時もしかすると、必要な本数や値段だけを気にして
それぞれのパックのある違いに気付かずに買ってしまうかもしれません。

今回はeneloopの何本入のパックを買うか決める前に
知っておきたいある違いの話です。

eneloop

キャリングケースとして使えるパック

eneloopの販売されている状態ですが
一般的な乾電池などとは違い
プラスチック製のケースに入っています。
丈夫というわけではありませんが
ケースとして使えるだけの強度はあります。

ただし、キャリングケースとして使えるのは
eneloop8本入りのパックだけです。

4本入りはケースの開閉を止めるもとがないので
持ち運ぶことができず、引き出しなどに入れるような用途が限度です。
8本入りは4本入りとどうようなケースでなおかつ
カバーによって開閉が止められるので
そのままキャリングケースとして再利用ができます。
eneloopには12本入りのパックもありますが
こちらはケースの仕組みが違うため再利用できないようです。

  • 4本パック ケース再利用(持ち運びできず)
  • 8本パック ケース再利用可能
  • 12本パック 再利用できず

ケース再利用の使用感

4本パックのケースは机に入れておいても
バラバラにならないように使っています。
置き方次第で電池が飛び出ていってしまうので
置けるのは平らなところであまり動かない机の中ぐらいかなと。

8本パックのケースは時々持ち歩くことがあります。
旅行先などでは8本ぐらい予備が欲しい時がありますからね。
8本パックのケースは恐らく飛び出ることはありえないです。
カバーがあるので安いキャリングケースよりはよっぽど頼りになります。
ただし、カバーを外してからケースを開閉するので
カチッと止めるタイプのキャリングケースの方が取り出しは楽です。

8本持ち歩くのはアリ?

8本パックなら持ち運びもできるのですが
8本もあると全部で約210gにもなりずっしりと重いです。
カバンに入れていつも持ち歩くといった使い方をするには
eneloopの数が多すぎますよね。

カバンなどの手持ちの荷物にする時には
必要な本数のキャリングケースを使った方がいいと思います。

キャリングケースは200円程度でも購入できます。
持ち運ぶことが前提ならキャリングケースを別で購入するとして
eneloopのケースは簡易保管ケースとして考えておく方がいいですね。

eneloopの充電器の違い

eneloopの充電器には違いがある

eneloopを初めて購入する時には充電器セットのものを選ぶことになるだろう。

その時にそれぞれ違いのあるeneloop専用充電器から
自分に合ったものを探すのはちょっと大変だ。

そこで、eneloop充電器のそれぞれの違いと選び方をまとめてみよう。

充電器ラインアップ

充電速度の違いをチェックしよう

eneloop専用充電器のラインアップでは
急速充電タイプと通常充電タイプに分けられる。

大きな違いは充電時間で通常充電で約8時間かかるところを
急速充電であれば約4時間に充電時間を短縮することができる。

充電が約半分の時間ですむことは大きなメリットだ。

4時間なら寝ている間に確実に充電を済ませることができるし
ちょっとした合間に継ぎ足し充電をすることもより効率的に行える。

急速充電のデメリット

充電時間が短くなっていいことだらけの急速充電タイプ。

だが、通常充電タイプも一緒に売られているということは
何かデメリットがあるのだろうか?

急速充電では電池の劣化を早めるという話もあるが
そうした充電方法による劣化等のデメリットが
公式に発表されたことはない。

デメリットといえるのは以下の様な点がある。

  • 急速充電タイプは価格が高い
  • 急速充電をすると電池が熱くなる

セットできる本数の違い

eneloopの充電器は単3なら4本まで同時充電できるものが主流で、
廉価版として充電本数が2本のものも売られている。

eneloopを4本セットで機器にセットする場合には充電本数が4本のものを選ぶ。

中には電池を2本セットで使う機器にしかeneloopを使わないという人もいるだろう。

そんな場合でも充電本数が4本の方が得をすることがある。
eneloopの充電器は1本ごとに分けて充電が管理されるので
別の機器のeneloopを混ぜて充電することができるからだ。

充電本数が多いほうが別の機器のeneloopを同時に充電することができる分
充電待ちなどの余計な手間が増えることを防げる。

充電できる電池の形状

単3型はラインアップにある充電器の全てで対応していて
どれでも充電することができる。

単4型のeneloopを使用する場合には
単4型に対応していることを確認しておこう。

ほぼ全ての充電器で単4型の充電を行えるが
中には単3型のみの充電しか行えないものがあるので注意が必要だ。

また、過去に発売されたeneloopには単1型や単2型も含まれていて
それらに対応した充電器もラインアップに含まれている。

違いの多さで迷ったら時に選ぶもの

充電器選びで迷った場合には急速充電タイプで
同時に4本充電できるものを選んでおけば間違いない。