なぜeneloopは売れるのか、用途に応じたラインナップも充実した充電池

人気が高い理由とは?

eneloopは年々売り上げを増している人気の充電池です。
なぜeneloopはこれほどまでに人気が高いのでしょうか?
それはeneloopが従来の充電池にあったデメリットを克服した
新しい充電池として開発されたからです。
eneloop以前の充電池には電池の容量の少なさと
充電回数の耐久数の少なさが目立ちました。
乾電池よりも高い値段を出して充電池を買ったのに
電池がすぐに終わってしまったり、すぐに使えなくなってしまったので
乾電池のほうが気軽に使えた時代があったのです。

優れた長持ち性能

eneloopが誕生して、今までカメラなどの狭い世界でしか需要がなかった
充電池が乾電池の代わりになるぐらい優れたものとして人気が高まってきました。
eneloopは電池の容量が高いため、乾電池の何倍も
電気機器を使い続けることができます。
乾電池ではすぐに交換しなければならないといった場合には
eneloopを使うことを強くおすすめできます。
eneloopなら長時間使い続けられるため、電池交換の手間がなくなるからです。
さらに、充電回数の耐久数も高いので何度も使えます。
乾電池よりも値段の高いeneloopですが
繰り返し使うことを考えれば割安な値段になります。

ラインナップから自分好みのものを選べる

eneloopを買う時にいくつかの種類があることに気付くでしょう。
eneloopは用途に応じた3つのラインナップを用意してあります。
一般的にeneloopといったらスタンダードモデルのeneloopを指します。
電池の容量と充電回数の耐久数を両立させたモデルで
様々な用途に使うことができるのが魅力です。
どのモデルを選ぶべきかわからない時には
スタンダードモデルを選んでおけば問題ありません。

充電池が始めてならeneloop liteがいいかも

eneloop liteはお手軽モデルとして、気軽に使える充電池として開発されました。
スタンダードモデルよりも1本あたりの値段が安いので
よく電池をなくしやすいお子さんなどにはeneloop liteを買ってあげるといいでしょう。
スタンダードモデルとの違いは値段だけでなく
繰り返し回数の多さも挙げられます。
目覚まし時計のような充電回数が少ないものであれば
一度買ったeneloop liteが一生ものになるに等しい耐久力です。
とりあえず乾電池からeneloopに置き換えたい時には
eneloop liteでお財布に優しく入れ替えるのもいいですね。

高性能なハイエンドタイプも

ハイエンドモデルのeneloop proはプロのカメラマンが使うような充電池です。
電池の容量がさらにアップされているのですが
値段も高く、耐久力も落ちてしまっているので一般的な用途には向いていません。
カメラで写真を取るのが大好きな方は電池容量の高いeneloop proを
検討することで電池交換の手間をもっと減らせるようになるでしょう。

充電完了のタイミングが違うのはなぜ?

充電完了のタイミングが違うのはなぜ?

eneloopを充電していて同時に充電を開始したはずなのに
充電中のランプが消えるタイミングがずれていることありませんか?

終わったかと思ったらまだ終わっていないものがあるような出来事は
充電池にとっては珍しいことではありません。
それは同じように使っていた電池でもそれぞれの
電池の状態が同じとは限らないからです。

BQ-CC11

同じように見えても劣化の仕方が違うことがある

eneloopはいつも使う電池をセットにしておくことが長持ちの秘訣です。
例えば、デジカメに4本電池を入れて使うのであれば
その4本はなるべくデジカメだけに使うようにして
他の機器に使いまわす時も4本をセットにして使う方法をとります。

それは劣化の度合いを平坦にするためなのですが
そのような使い方の工夫をしていても
劣化の仕方は一本毎に多少のズレが出てしまいます。

充電完了のタイミングが大きくズレている場合には

充電間呂のタイミングが大きくズレている場合はその電池の中に
故障している電池が紛れているかもしれません。

ズレが大きいと他の電池に電気が残っていても
電圧不足により機器が動かないことがあります。
なので、異常なほど時間に差がある場合には
それを除外して使ったほうがいいかもしれません。

充電器によってはズレ自体がないことも

eneloopの充電器が以前のものの場合には
充電完了のタイミングのズレがわからない充電器もあります。

他のメーカーの充電器でも1本ごとに充電しないタイプのものは
全ての電池を同時に充電していますので
充電が完了するのは同じタイミングになります。

eneloop充電中

そうした充電器の場合には、性能の落ちている電池に合わせて
充電を終わらせてしまうという欠点がありますので
充電器の買い替えを考えるのもいいかもしれません。

eneloopの最新の充電器であれば、別のブランドの充電池とも
一緒に充電することができて利便性が大きく向上しています。

少しのズレなら問題なし

たまに故障したeneloopがあるというだけで
少し充電時間に違いがある程度は問題ありません。

普段はあまり気付かないだけで、たまたま充電が終わるタイミングと
チェックするタイミングが重なったりすると
時間のズレが気になることもあるでしょう。

異常のある電池の場合では、30分ほどで1本だけ充電が終わってしまうなど
極端に時間が短いということがあるようです。

壊れた電池が混ざってしまうとせっかくのeneloopの性能が活かせませんから
故障のサインを見逃さないようにしていきましょう。

eneloopは全部で何種類のでしょうか?

eneloopは全部で何種類のでしょうか?

eneloopといえば、白いカバーに煌めくような青色のロゴマークが特徴的ですよね。

でも、eneloopブランドには用途に合わせた
普通のeneloopとは少し違うものも用意されているんです。

どんなeneloopがあるのか、全部で何種類あるのか見ていきましょう。

モデル違いのeneloop

eneloopには店頭などの充電池売り場によくならんでいるスタンダードモデルの他にも
お手軽モデルやハイエンドモデルといったものがあります。
これらは充電池としての性能が大きく異なっていて、用途に応じて選んだり
価格の安さを重視したい時などにピッタリのものを選べるようになっています。

eneloop4_3lineup

白いカバーのものはスタンダードモデルでさまざまな用途に使える
オールラウンダーな充電池です。
お手軽モデルはeneloop liteといって、価格を抑えて
繰り返し使える回数をスタンダードモデルよりもさらに増やしてあります。
ハイエンドモデルは電池の消耗の激しい用途などで活躍してくれるeneloopです。
モデルは全部で3種類あります。

電池の大きさによる違い

よく使うことの多い単3型の他にも単4型のeneloopがあります。
小さいので単3型eneloopよりも性能は落ちますが
小型ライトなどで使うこともあるので意外と使う場面は多いかもしれません。

単1型と単2型のeneloopは以前は売られていたのですが
今はラインナップから外されてスペーサーが用意されています。
スペーサーとは単3型の電池を単1型として使えるようにするものです。
eneloopには単3型と単2型の2つの大きさのものがあります。

色違いや柄違いのeneloop

eneloop tonesという色違いeneloopが発売されていました。
中身はスタンダードモデルeneloopと同じでカバーの色が違います。

初代eneloop tonesは1本毎に色の異なるカラフルパックで
eneloop tones glitterはカラフルパックのラメ入りバージョンです。
黒や紫でスタイリッシュな印象のあるeneloop tones uomo(ウォモ)や
ラメで装飾されたピンク系カラーのeneloop tones rouge(ルージュ)がありました。
茶系の配色を揃えたeneloop tones chocolatなんてものも。

eneloop tones uomo

ディズニーとのコラボ商品もいくつか発売されていて
自分だけのeneloopを見つけることも。
残念ながら今は発売が終了してしまったものもありますが
これからの色違い柄違いeneloopに期待したいですね。

eneloopは全部で6種類+いっぱい

eneloopは基本的に6種類ある中から選ぶことができます。
黒がカッコイイからハイエンドモデルの黒eneloopにするといった決め方もいいですし
用途に一番適しているeneloopを探してみて決めれば賢い買い物ができそうです。
そして、eneloop tonesのような特別カラーのものから
自分好みのものを見つけるといった選び方もできます。

eneloop tones rouge

tonesシリーズを知らないとこんなにたくさんあったことに
驚いたという方もいるのではないでしょうか。
これからももっとオシャレなeneloopが出てくると思うとワクワクしてきますよね。

eneloopの充電器の違い

eneloopの充電器には違いがある

eneloopを初めて購入する時には充電器セットのものを選ぶことになるだろう。

その時にそれぞれ違いのあるeneloop専用充電器から
自分に合ったものを探すのはちょっと大変だ。

そこで、eneloop充電器のそれぞれの違いと選び方をまとめてみよう。

充電器ラインアップ

充電速度の違いをチェックしよう

eneloop専用充電器のラインアップでは
急速充電タイプと通常充電タイプに分けられる。

大きな違いは充電時間で通常充電で約8時間かかるところを
急速充電であれば約4時間に充電時間を短縮することができる。

充電が約半分の時間ですむことは大きなメリットだ。

4時間なら寝ている間に確実に充電を済ませることができるし
ちょっとした合間に継ぎ足し充電をすることもより効率的に行える。

急速充電のデメリット

充電時間が短くなっていいことだらけの急速充電タイプ。

だが、通常充電タイプも一緒に売られているということは
何かデメリットがあるのだろうか?

急速充電では電池の劣化を早めるという話もあるが
そうした充電方法による劣化等のデメリットが
公式に発表されたことはない。

デメリットといえるのは以下の様な点がある。

  • 急速充電タイプは価格が高い
  • 急速充電をすると電池が熱くなる

セットできる本数の違い

eneloopの充電器は単3なら4本まで同時充電できるものが主流で、
廉価版として充電本数が2本のものも売られている。

eneloopを4本セットで機器にセットする場合には充電本数が4本のものを選ぶ。

中には電池を2本セットで使う機器にしかeneloopを使わないという人もいるだろう。

そんな場合でも充電本数が4本の方が得をすることがある。
eneloopの充電器は1本ごとに分けて充電が管理されるので
別の機器のeneloopを混ぜて充電することができるからだ。

充電本数が多いほうが別の機器のeneloopを同時に充電することができる分
充電待ちなどの余計な手間が増えることを防げる。

充電できる電池の形状

単3型はラインアップにある充電器の全てで対応していて
どれでも充電することができる。

単4型のeneloopを使用する場合には
単4型に対応していることを確認しておこう。

ほぼ全ての充電器で単4型の充電を行えるが
中には単3型のみの充電しか行えないものがあるので注意が必要だ。

また、過去に発売されたeneloopには単1型や単2型も含まれていて
それらに対応した充電器もラインアップに含まれている。

違いの多さで迷ったら時に選ぶもの

充電器選びで迷った場合には急速充電タイプで
同時に4本充電できるものを選んでおけば間違いない。