eneloopを使ってはいけない機器について

eneloopを使ってはいけないシーン

eneloopのようなニッケル水素充電池は水中で使う機器には
使ってはいけないことを覚えておこう。

なぜなら、電池が過放電されたり過充電された場合に
eneloopの内部にガスが発生するからだ。

水中ライトなどの機器ではガスの逃げ場がないために
ガスがたまってしまうことが危険なのだ。

ガスの正体は可燃性ガスの水素ガスなので
爆発事故などに繋がることが考えられる。

ストーブの使用も避けるべきだ。
可燃性のガスがeneloop出てくるので
ストーブの点火装置用の電池には使わない方がよい。

eneloopを使うべきでないもの

水中ライトや水中カメラ
その他水中で使うもの
ストーブやガスコンロなどの点火装置

水素ガスはどこから出てくる?

eneloopには水素ガスを逃がすための空気穴が用意されている。

今売られているeneloopにも+極側に空気穴があるのだが
見えないように工夫されていてそのままでは確認できない。

古い世代のeneloopでは+極の出っ張りに穴があるのが確認できる。

eneloop_hool

画像の青い丸の中央にある三角形のような形をした部分が
eneloopが水素ガスを排出するために用意された空気穴だ。

今の世代ではこの穴はなくなっていて
表面カバーの隙間からガスが放出されるようになっている。

他の充電池はダメでもeneloopならOKな用途

ニッケル水素充電池では過放電(電池が空なのに使い続けること)をしてしまうと
充電が行えなくなるような故障の原因になることが知られている。

だが、eneloopでは過放電に対して耐性を持っているので
他の充電池では使えないような用途でも問題なく使えるようになっている。

例えば、懐中電灯のようなものが過放電の原因になりやすい。
スマホやカメラなどのように電圧の低下を検出して過放電を防ぐ仕組みがないからだ。

eneloopでは過放電に強いため、空になった状態で
懐中電灯などを使ってしまっても壊れる心配がない。

「ですが、エネループは過放電に対して非常に強いという特徴があります。私たちが行なった試験では、エネループを機器に入れて60℃ぐらいの温度で使い、1週間も2週間も放置し、ほとんど0V近くまで過放電させたのですが、充電すると100%回復して性能がほとんど劣化しません」
そこが知りたい家電の新技術開発者に聞く、ニッケル水素電池「eneloop」がやっぱりスゴい理由

私も実際に懐中電灯でeneloopを使用していて
知らずに過放電をさせてしまったことがあるが
使えなくなるような故障は一度も起きていない。