急速充電の方が安全?

急速充電の方が安全?

eneloopの充電器には通常充電を行うものと
急速充電の行えるもの、さらに3倍速充電が行えるものがあります。

私の場合、急速という言葉から
「もしかして電池に無理をさせて急いで充電しているのでは?」
なんて思っていて、通常充電より急速充電はよくないものと勘違いしていました。

しかし、実際は急速充電器の方がeneloopにとって安全にできているようです。

eneloop_danger

急速充電器にはスイッチング電源がある

急速充電の方が安全だとされる理由にスイッチング電源の有無があります。

スイッチング電源とは過電流や過電圧を防止するもので
なんらかの異常が起きた場合でも電池に高い負荷を与えないように
保護をしてくれる役割があります。

急速充電器は高い電流によって充電を行うものの
スイッチング電源のおかげで安全性についてはより高くなっているのです。

通常充電だからといってスイッチング電源が省かれているとは限りませんが
安い機種では充電の制御を行わずにタイマー式で行うものがあります。

急速充電では発熱あり

安全に充電を行う仕組みが備わっているとはいえ
急速充電の方が電池に対して高い電圧をかけるので負荷が大きのは事実です。

急速充電を行ったほうが電池の発熱が大きいので
充電直後のeneloopが熱かったりしますね。
発熱についてはeneloop公式サイト上でも取り上げられていて
触ると熱い程度まで温度が上がることもあるようです。

Q 充電中、電池が熱くなるけど大丈夫?
A 充電中は手で触って熱い(55℃前後)と感じる程度まで発熱する場合がありますが、異常ではありません。充電終了後は、電池の安定化のために10~20分程度放置して温度が下がってからご使用ください。

夏場には室温の高いところで充電するのは避けたほうがよさそうです。

充電器選びで迷ったら急速充電タイプを選んでおこう

これからeneloopを買ってみるという方や追加で充電器を買うことを考えていて
より安全性の高い充電器にしたいのであれば
急速充電器を買っておけば間違いありません。

charger

急速充電のできるタイプは充電器のラインナップを見てわかるように
「充電制御」や「クイック自動診断機能」「スマートチャージ機能」など
ひと通り機能の揃っている上位機種になります。

なので、急速充電のできるものから選んでおけば大丈夫ですね。
急速充電には2本充電タイプ(BQ-CC23)と4本充電タイプ(BQ-CC21)
そして4本充電+エコ機能タイプ(BQ-CC11)がありますよ。

eneloopの充電器の違い

eneloopの充電器には違いがある

eneloopを初めて購入する時には充電器セットのものを選ぶことになるだろう。

その時にそれぞれ違いのあるeneloop専用充電器から
自分に合ったものを探すのはちょっと大変だ。

そこで、eneloop充電器のそれぞれの違いと選び方をまとめてみよう。

充電器ラインアップ

充電速度の違いをチェックしよう

eneloop専用充電器のラインアップでは
急速充電タイプと通常充電タイプに分けられる。

大きな違いは充電時間で通常充電で約8時間かかるところを
急速充電であれば約4時間に充電時間を短縮することができる。

充電が約半分の時間ですむことは大きなメリットだ。

4時間なら寝ている間に確実に充電を済ませることができるし
ちょっとした合間に継ぎ足し充電をすることもより効率的に行える。

急速充電のデメリット

充電時間が短くなっていいことだらけの急速充電タイプ。

だが、通常充電タイプも一緒に売られているということは
何かデメリットがあるのだろうか?

急速充電では電池の劣化を早めるという話もあるが
そうした充電方法による劣化等のデメリットが
公式に発表されたことはない。

デメリットといえるのは以下の様な点がある。

  • 急速充電タイプは価格が高い
  • 急速充電をすると電池が熱くなる

セットできる本数の違い

eneloopの充電器は単3なら4本まで同時充電できるものが主流で、
廉価版として充電本数が2本のものも売られている。

eneloopを4本セットで機器にセットする場合には充電本数が4本のものを選ぶ。

中には電池を2本セットで使う機器にしかeneloopを使わないという人もいるだろう。

そんな場合でも充電本数が4本の方が得をすることがある。
eneloopの充電器は1本ごとに分けて充電が管理されるので
別の機器のeneloopを混ぜて充電することができるからだ。

充電本数が多いほうが別の機器のeneloopを同時に充電することができる分
充電待ちなどの余計な手間が増えることを防げる。

充電できる電池の形状

単3型はラインアップにある充電器の全てで対応していて
どれでも充電することができる。

単4型のeneloopを使用する場合には
単4型に対応していることを確認しておこう。

ほぼ全ての充電器で単4型の充電を行えるが
中には単3型のみの充電しか行えないものがあるので注意が必要だ。

また、過去に発売されたeneloopには単1型や単2型も含まれていて
それらに対応した充電器もラインアップに含まれている。

違いの多さで迷ったら時に選ぶもの

充電器選びで迷った場合には急速充電タイプで
同時に4本充電できるものを選んでおけば間違いない。