eneloopはなぜ自己放電が少ないのか?

eneloopはなぜ自己放電が少ないのか?

eneloopの特徴の1つに自己放電が少ないことが挙げられます。

自己放電とは電池を使っていない状態にもかかわらず
時間経過によって電池残量が減ってしまう現象です。

自己放電が少ないことで長期間保管したeneloopでも
充電することなくすぐに使用することができます。

5年経過しても70%もの電池残量を残すことができるのは
ニッケル水素充電池の中ではeneloopだけです。

なぜeneloopだけ自己放電を少なくすることができるのでしょうか?

BK-3MCC2_649437

自己放電が起こる理由

自己放電が起きてしまうのはいくつかの原因があることがわかっています。

電池とは回路に組み込むことで化学変化により電気を生じさせるものなのですが
その化学変化が電池内部で勝手に起きてしまうことがあります。
「正極の自己分解」や「窒素化合物によるシャトル効果」
「セパレータへの導電性化合物析出」などがあります。

eneloopが登場する以前のニッケル水素充電池では
これらの現象により2年ほどで電池残量が0%になることもあったのです。

研究によって素材を改良化

eneloopでは素材の組成を改良することで自己分解を防ぐことで
自己放電の影響を限りなく少なくしています。

正極の自己分解に対しては新組成正極活物質、新組成正極添加物
新組成電解液といった特許技術により自己分解を抑制しています。

セパレータへの導電性化合物の析出には超格子合金、新物性セパレータがあります。
コバルトやマンガンといった自己分解を起こす物質を含む素材を使わずに
電池の作用に必要な効果を持つ新たな水素吸蔵合金を使っているのです。

シャトル効果についてもセパレータの改良により抑制効果を高めてあります。

green-recycling-concept

まるで乾電池のように使えるニッケル水素充電池

ニッケル水素充電池は自己放電のために乾電池のような使い方ができませんでした。
保管している間に電池残量がなくなってしまうので
使う前に充電をしなければまともに使うことができないからです。

先ほど挙げたような技術革新によって
ニッケル水素充電池の持つ欠点を克服したことからeneloopは無事に誕生しました。

そして、その大きな進化からニッケル水素充電池の市場を広げていき
世界でも最大のシェアを獲得する流れを作ることができました。

今でも新世代eneloopのための研究開発は続けられていて
ライバルブランドをさらに上回る電池持ちのよさをキープし続けています。

eneloopが熱い時にチェックしておきたいこと

eneloopが熱い時にチェックしておきたいこと

eneloopを使っていて極端に熱くなったことはありませんか?
電池ですから電気が流れて熱くなることはおかしなこととは限りません。

問題はその発熱が正常な動作によるものなのか
異常動作による危険サインなのかどうかです。

場合によってはeneloopが破裂したり、液漏れするなど
故障の原因になる前触れかもしれません。

eneloop_hot

eneloopが熱い時それが安全か危険かチェックする方法を紹介します。

どんな時にeneloopが発熱したのか?

どんな状況でeneloopが発熱したのかは重要なことです。
放電中なのか充電中なのか保管中なのかで分けて考えてみましょう。

機器に入れて使っていた最中であれば放電による発熱かもしれません。
充電中にも電池に電流を流すため発熱することがあります。
電池として使っていなくても場合によっては発熱することがあります。

使用中の放電による発熱ならショートしている可能性アリ

電池を使う量が多い機器であれば正常な動作でも
eneloopが発熱することがありえます。

例えば、電熱線で発熱することが目的の機器や
ストロボなど強い発光をするライトが正常動作で発熱することのある機器です。

異常動作の可能性が高いのは大した電気を使わないはずの機器で
eneloopが発熱している場合です。
もしかすると機器が故障していてショートを起こしているのかもしれません。
そのような場合は使用を中止するべきでしょう。

他社製の充電器では異常発熱することがある

eneloopや充電式EVOLTAやIMPULSEなどの有名ブランドであれば
充電器に安全装置が組み込まれているので正常動作による発熱と考えられます。
通常使用では約55℃にまで電池の温度が上がることがあるそうです。
ヤケドをすることはなくても電池を持てない程度の温度ですね。

しかし、100円ショップで売られているような低品質の充電器では
安全装置がないため機器の異常による発熱が十分考えられます。

このような危険があるので安全性の低い充電器を使うことは避けておくべきです。

何もしていないのに発熱したら、それはショートしてます

何にもeneloopをつないでいなくても発熱することがありますが
それは間違いなくショートを起こしていると考えていいでしょう。

電池自体が故障している可能性もあり、場合によっては買い替えになりますが
保管状況が悪い場合にもショートを起こすことがあります。
カバンやポケットなどにカバー等がないままeneloopを入れていませんか?

そうした場合にはカギや硬貨などの金属などによって
電池がショートを起こすことがあります。
持ち運ぶ時にはケースに入れて持ち運ぶといいですよ。