単1型の充電池を買うメリットとデメリット

単1型の充電池を買うメリットとデメリット

eneloopやその他の充電池は単3型や単4型だけではありません。
単1型や単2型のニッケル水素充電池が売られています。

ところが、よく考えてみると単1型や単2型の充電池がなくても
単3型充電池とスペーサーがあれば単1型にも単3型にも変換できますよね。

あえて単1型や単2型のサイズの充電池を選ぶメリットはあるのでしょうか?

Panasonicスペーサー

【メリット】サイズが大きいと電池容量が増える

単3型の充電池とそれより大きいサイズの充電池の決定的な違いは
充電池の電池容量の差にあります。

サイズが大きな分だけ、より多くの電力を蓄えられるので
大きいサイズの充電池の方が電池持ちがいいのです。

例えば、最も一般的な単3型のスタンダードモデルeneloopなら
電池容量はmin 1900mAhです。
電池容量を増やした単3型eneloop proでもmin 2450mAhとなっています。

それに対し、より大きなサイズのニッケル水素充電池であるPanasonicの
単2型充電池はmin 3000mAhとなっています。
単1型充電池ではなんとmin 5700mAhです。

電池容量がサイズの大きな充電池の強みなのです。

単1型充電池

【デメリット】専用の充電池が必要になる

eneloopのような充電池を使うためには充電器で充電を行う必要があります。
しかし、サイズが大きいために一般的な充電器では
単1型や単2型の充電池は充電をすることができません。

専用の充電器が必要になりますので
サイズの大きな充電池を使うための出費が増えます。
しかも、サイズの大きな充電池が充電できる充電器は
急速充電などが行えず単3型充電池との併用では利便性を損なってしまいます。

【デメリット】充電池の値段が高く、性能は低い

サイズの大きな充電池が性能面で勝っているのは
電池容量だけで他の面では単3型に負けています。
Panasonic製のものでは繰り返し回数が約1000回と
約2100回のeneloopや約1800回の繰り返し使用が可能な
ものと比べて性能が落ち込んでいるのです。

また価格が1本で1000円以上するなど
単3型数本分の値段であり高い価格になっています。
充電器の購入も含めるとこの出費は大きいでしょう。

電池容量が重要な場合に価値がある

つまり、単1型や単2型の充電池を選ぶ場合には
電池容量の大きさが重要である用途であることになります。
電池容量が必要でなければサイズの大きな充電池に
価値が生まれることもないでしょうからね。

単1型や単2型はスペーサーがあれば代用は可能なのですから
どうしてもという理由が出てきた時に購入を考えるといいでしょう。