充電池選びで値段を気にするべきでない理由

充電池選びで値段を気にするべきでない理由

充電池選びでなくてもどのブランドの製品を選ぼうかと考える時に
値段の差を気にすることはよくあることですよね。

でも、充電池選びでは値段をあまり気にせずに
ブランドを選ぶべきだと考えます。

!

それは充電池においては性能を重視したほうが
購入するコストを節約を重視するよりもよい場合があるからです。

高くても繰り返し使用回数が多かったらお得

高いからといって損ではないのは繰り返し使用回数に
ブランドごとに差があるためです。

さらにいえば、日本ではeneloopや充電式EVOLTA
IMPULSEやサイクルエナジーが有名な充電池ブランドですが
それらのブランドにそれぞれ異なった性能のモデルが用意されています。

どれだけ高い頻度で再充電を繰り返すかでも
あなたにあった充電池を見つけるヒントになります。

そして、それは値段が安いか高いかでは判別が難しいです。
だから値段を気にせずに性能を比較していくことが大切といえます。

長い期間付き合うからこそ値段の差は気にならない

近年になってめまぐるしい進化を遂げた充電池は
繰り返し回数をみても数年以上使い続けることになることがわかります。
例えば、私が使っているeneloopは5年以上経っても未だに使い続けています。

5年間も使いつづけることができると1000円も500円もそれほど差はありません。

むしろ、性能の差によって利便性で違いがあることの方が重要です。
充電池は後からもっと性能の良い物に交換することはできませんからね。

長く付き合っていけるような性能の高いものを選ぶほうが
気持よく使っていけるのではないでしょうか。

廉価版があって値段で比較するのが難しい

充電池市場ではeneloop lite、充電式EVOLTAeといった廉価版の
安くなったモデルが用意されています。
これには理由があって、繰り返し回数を増やすために
別モデルとして発売する必要があったからです。

eneloop lite

充電池ではその仕組から、安くしようと思えばいくらでも安くできるのです。

しかし、性能は大きく変わってしまいます。
乾電池同様に使いたいのであればeneloopでは
スタンダードモデルを選ぶべきです。

より安いものを選ぶつもりであれば、安いだけの理由を
お手軽モデルとして発売されているものの良さを理解した上で選ぶことが大切です。

充電器が使いまわせないことも覚えておこう

始めて充電器を買う時にはそのブランドの充電器を買うことになると思いますが
基本的に充電器の使い回しは推奨されていません。
(eneloopと充電式EVOLTAの最新世代の充電器は使いまわし可能)

充電器は電池よりもさらに長く使い続けていくものです。
利便性を重視して少し高めのものを選んでおく方が失敗は少ないと思いますよ。
最後に決めるのはみなさんですので、自分に合ったものを見つけてみてください。

充電池よりも乾電池が優れるシーンとは?

充電池よりも乾電池が優れるシーン

充電池を使うメリットをみると乾電池よりもコスト面や利便性でも
充電池の方がより優れているように感じらます。

充電池を使うメリット

  • 1本分あたりのコストが安い
  • いつでも十分な電気を蓄えておける
  • ゴミが少ない
  • 電圧低下が少ない(電池残量で使用感が変わらない)

このような差のある乾電池ですが、それでも乾電池が優れているとは
どのようなシーンのことなのでしょうか。
(ここではアルカリ乾電池について書いていきます。)

自然放電が少ない(自然放電の少ないeneloopよりさらに少ない)

自然放電が少ないことは使う頻度の少ないシーンで
より電池が長持ちするということを意味しています。
例えば、災害時用の備蓄として電池を保存するのであれば
自然放電の少ないアルカリ乾電池を選ぶ方がより長い期間備蓄することができます。

充電できないシーンでの使用

災害時ではコンセントから安定した電力を得られないかもしれません。
そうであれば、充電池の持つ最大のメリットである再利用ができませんから
乾電池のほうがより優位になります。
充電できないことを想定するなら、乾電池を大量に用意する方がいいでしょう。

低電流であれば電池持ちが充電池よりも高い

アルカリ乾電池にはeneloopのようなmin 1900mAhのような表記がありません。
それは電流量によって電池持ちが大きく変わる特性があるためです。

低電流では2800mAh相当にもなりますが、高電流では1000mAh相当にもなります。
低電流で電池が消費される機器ならアルカリ乾電池を選ぶほうが長持ちします。
より電池持ちを重視したいシーンではアルカリ乾電池を選ぶメリットがあります。

例えば、リモコンや時計などが低電流の機器です。
懐中電灯など熱を持つような機器には乾電池は向いていません。

使い捨てなので故障しやすいシーンでも気軽に使える

乾電池は使い捨てですので、万が一壊してしまっても特に問題ありません。

例えば、子供に使わせるととんでもない使い方をされることもあるので
壊されることを想定して電池を選ぶ方もいるようです。
電気工作などをする場合でも、ショートを起こして電池を破壊することがあります。

壊してしまっても気軽に買い直せることは乾電池の大きなメリットです。

まとめ

このように乾電池を使うことも時には良い選択となることもあるんです。
利用シーンに応じて使い分けもしていけば、より賢く電池と付き合っていけるでしょう。

eneloopで大満足というあなたも、たまには乾電池のことを思い出してあげてください。

無線マウスに充電池を使う時に便利なアイディア

無線マウスにeneloopを使う時に便利なアイディア

私はeneloopを購入した当初から無線マウスに活用してきた。
これを読むみなさんの中にもワイヤレスマウスなど
身近な道具に使う方は大勢いることだろう。
そんな無線マウスと縁の深いeneloopをさらに便利に使うための
アイディアをここでいくつか紹介していきたいと思う。

電池が重い?・・・なら、アレを使って軽くしよう

充電池は容量ギリギリまで詰め込んであるためか
普通の乾電池よりも重くなっている。
10g程度の差でも無線マウスのように手元で細かな動作を行う道具では
その重さが使い心地に大きく影響してくる。

もしも、マウスが重すぎて使いにくいと感じた時には
スペーサーを使ってマウスを軽くしてみよう。
単4型のeneloopに単3型スペーサーを使って無線マウスに使うのだ。
こうすることで重さを自分好みに変更できる。

もっと細かくマウスの重量を自分好みにしたいなら

マウスは軽ければいいという訳ではない。
重いほうが操作に安定感が増し使いやすくなることもある。
ちょっと高額なマウスであれば、ウエイトをマウスに入れるなどして
より使い心地の良い重さにすることもできるが
電池式の無線マウスなら電池の重さを変えることで同様のことができる。

eneloopの重さ

eneloopにはスタンダードモデルのほか、お手軽モデルのeneloop liteや
ハイエンドモデルのeneloop proがある。
これらの違いは性能だけでなく、電池の重量も違う。
それを利用してマウスの重さを自分好みにしてみよう。
マウスのように電池交換の機会が少ない(数ヶ月ペースで充電)ものであれば
eneloop proの約500回と少ない繰り返し回数も問題ない。

予備の電池を用意しておく

マウスが急に使えなくなってしまうのは問題だ。
そんな時に慌てない方法は予備の電池を用意しておくこと。
eneloopならeneloopを用意するように、同じ電池を予備にするのが
ベストだが再充電が終わるまで使えればいいのであれば乾電池でもかまわない。

充電池にかけるコストを減らしたいのであれば
乾電池やeneloop liteなどより安価な充電池を選ぶといいだろう。
ここで乾電池を挙げたのは自然放電が少なく(eneloopよりもさらに少ない)
使わずに常備する電池として最もふさわしいからだ。

予備を用意するとカバンが重くなるので、カバンを軽くしたいなら
スペーサーを使って軽くしておくといいだろう。

充電池(バッテリー)におけるメモリー効果の影響

充電池(バッテリー)におけるメモリー効果の影響

メモリー効果の影響は充電池だけでなく、バッテリーの使われている
持ち運び可能な機器などでも同様に影響があるものです。
例えば、コードレス掃除機も電池を蓄えている部分は
メモリー効果のあるバッテリーが使われているかもしれません。
電気シェーバーや電動バリカンなど身近なところに
メモリー効果の起きやすいものはたくさんあるのです。

そもそもメモリー効果とは何?

メモリー効果とは電池やバッテリーに電気が残っている状態で
再充電を行うことを繰り返すと電池持ちが悪くなる効果のことです。
バッテリーの種類にもよりますが、メモリー効果の影響は
使用上問題が発生するほど大きい場合もあります。
電気が残っている状態で再充電することを継ぎ足し充電といい
知っている人であれば、この継ぎ足し充電をなるべくしないような
工夫をして使うようにしているようですね。

電池持ちが悪くなったら、最後まで使いきってみよう

メモリー効果によるダメージを受けたバッテリーを元に戻すには
充電してある電気を最後まで使うことでリフレッシュすることができます。
eneloopのような電池であれば、リフレッシュを行うための機器があるのですが
バッテリー搭載製品ではその機器のスイッチを入れ続けることが
唯一のリフレッシュの手段となるでしょう。
もしくは、リフレッシュをしたい時には次に使うまでに
充電を行わないようにしてバッテリーを空にする機会を作りましょう。

メモリー効果を防ぐ使い方で気をつけたいこと

メモリー効果を防ぐためにはなるべく最後まで使うことが
大切だということがわかりました。
しかし、最後まで使う際に気を付けておきたいことがあります。
それは過放電によるバッテリーの損傷です。
過放電とはバッテリーが空の状態で、さらに電流を流そうとすることです。
つまり、空にするのはほどほどにしておいて
使い過ぎないように注意することもバッテリーを長持ちさせるためには大切です。

eneloopにおけるメモリー効果

eneloopではメモリー効果の影響をほとんど受けないように工夫がされています。
そのため、メモリー効果があることに気付かないこともあります。
(実際、メモリー効果が起きるような状況での使用を続けても悪影響はほぼゼロ。)
そういう意味では、他の持ち歩き可能な機器よりも
メモリー効果について気にすることなく使えるのがeneloopの特徴です。
電池やバッテリーでよく起こるメモリー効果についてみなさんも
気をつけながら使ってみてください。

デザインで充電池を選ぶメリット

充電池を選ぶならデザインも大切?

みなさんは何かを買う時にデザインで選んだことはありませんか?
デザインが違うだけで持っているだけでも気分がよかったり
使い心地もなんだか違うように感じますよね。

充電池においてもデザインの違いは単なる見た目の違い以上の
影響を私たちに与えてくれます。
充電池をデザインで選ぶメリットについて考えていきましょう。

電池の種類を見分けられるデザイン

同じ電池でも2次電池と1次電池では使い方がまるで違います。
そして、それを見分けられるデザインであることは充電池選びでは重要です。
eneloopなどの充電池は2次電池といって
充電をすることで何度も使うことができます。

しかし、乾電池は1次電池ですから一度使ったら捨てなければなりません。
この使い終わった電池の扱いの違いがあるので
充電池とひと目でわかるようなデザインが求められるのです。

何年も付き合うからこそデザインも重要

eneloopのように繰り返しで約2100回も使えるような充電池では
何年も使い続けることになります。

ところで、電池は普通フタで隠されて使っている間は見ることのないものですよね。
ですから「使っている間に見ないのならデザイン(見た目)で選ぶ必要はない」
このように考える人もいます。

しかし、充電池は充電をしたりカバンに入れて持ち歩くなどして
目に触れる機会が乾電池よりもはるかに多いです。
何年も使い続けて何度も目にするからこそ
デザインのよさは充電池選びで吟味する必要があるでしょう。

捨てる瞬間までデザインと付き合うということ

わたしたちが充電池を買った瞬間に
その充電池を捨てるまでそのデザインと付き合うことを決めたことになります。
今の充電池はeneloop以外を含めても繰り返し使用回数が
格段に進歩してきました。

つまり、どれを選ぶとしてもかなり長い期間使い続けることになるでしょう。
そして、一度決めたら電池のデザインを途中から変更することはできません。
気に入ったデザインの充電池を選んでおけば後悔することはありませんから
その時の最高の電池をデザインも含め選んでおいた方がいいのです。

きっと最後の最後まで満足感を持って使い続けることができるでしょう。

充電池は見た目で楽しむもの

充電する時に何気なくクルクルと回してeneloopロゴを表にしていることがあります。
オシャレなデザインだと何気ないシーンでもそれを楽しんでしまうものです。

あなたにとって素晴らしいデザインの充電池を探してみてください。
最後まで大切に使いたくなるようなものが見つかるといいですね。

充電した後のeneloopが熱い?

充電した後のeneloopが熱い?

eneloopを充電していると発熱して熱くなることがあります。
ヤケドする程ではないものの持ち続けるのが大変なぐらい
熱くなっていて心配になったことはありませんか?

eneloopの温度が55℃に達することもあるそうです。
なぜeneloopがこんなに熱くなるのか、故障ではないのか。

そんなeneloopが熱くなる現象についての
疑問に答えていきたいと思います。

eneloop_hot

充電をして熱くなるのはなぜなのか?

なぜeneloopは熱くなってしまうのでしょうか?

それは充電をすることで大量の電流が流れているためです。
eneloopの充電器には急速充電機能があります。
いつも充電が5時間以内に終わるようであればあなたの充電器は
急速充電でeneloopを充電していることになります。
通常よりも早く充電を終えるためには
さらに多くの電流が必要になります。

つまり、eneloopの限界ギリギリまで電流量を増やしていることで
充電中のeneloopが驚くぐらいに発熱して熱くなっているのです。

ただし、これは急速充電による仕様で動作としては正常です。

K-KJ21MCC40

充電で熱くなるのは正常動作

eneloopの場合ですが、充電によって熱くなることは
発売元のPanasonicも承知の上で正常動作となります。

発熱は防げないものの劣化するほどではないと思われます。
公式サイトの質問ページでも、このeneloopの発熱に対する
回答が載せられています。

Q:充電中電池が熱くなるけど大丈夫?
A:充電中は手で触って熱い(55℃前後)と感じる程度まで発熱する場合がありますが、異常ではありません。充電終了後は、電池の安定化のために10分~20分程度放置して温度が下がってからご使用ください。

充電完了直後は熱いのでしばらく放置する方がいいみたいですね。
eneloopの充電器はそのままにしておけば自動で充電が止まるので
時間に余裕をもって充電しておくだけで大丈夫です。

異常があれば使用をやめましょう

eneloopの発熱が起こるのは充電の時です。
充電中以外での発熱があった場合には異常による発熱かもしれません。

ショートなどによる発熱の場合には破裂や液漏れといった異常が見られるそうです。
eneloopの様子を観察して異常があれば使用するのはやめておきましょう。

これからは熱くなっても安心して使えますね

発熱が問題ないとわかれば安心してeneloopを使えますね。

充電中にはeneloopが熱くなってしまうことは仕方のないことですから
もしもそんなeneloopを見つけたら、しばらく休ませて温度を下げてあげてください。

coolpic