充電池よりも乾電池が優れるシーンとは?

充電池よりも乾電池が優れるシーン

充電池を使うメリットをみると乾電池よりもコスト面や利便性でも
充電池の方がより優れているように感じらます。

充電池を使うメリット

  • 1本分あたりのコストが安い
  • いつでも十分な電気を蓄えておける
  • ゴミが少ない
  • 電圧低下が少ない(電池残量で使用感が変わらない)

このような差のある乾電池ですが、それでも乾電池が優れているとは
どのようなシーンのことなのでしょうか。
(ここではアルカリ乾電池について書いていきます。)

自然放電が少ない(自然放電の少ないeneloopよりさらに少ない)

自然放電が少ないことは使う頻度の少ないシーンで
より電池が長持ちするということを意味しています。
例えば、災害時用の備蓄として電池を保存するのであれば
自然放電の少ないアルカリ乾電池を選ぶ方がより長い期間備蓄することができます。

充電できないシーンでの使用

災害時ではコンセントから安定した電力を得られないかもしれません。
そうであれば、充電池の持つ最大のメリットである再利用ができませんから
乾電池のほうがより優位になります。
充電できないことを想定するなら、乾電池を大量に用意する方がいいでしょう。

低電流であれば電池持ちが充電池よりも高い

アルカリ乾電池にはeneloopのようなmin 1900mAhのような表記がありません。
それは電流量によって電池持ちが大きく変わる特性があるためです。

低電流では2800mAh相当にもなりますが、高電流では1000mAh相当にもなります。
低電流で電池が消費される機器ならアルカリ乾電池を選ぶほうが長持ちします。
より電池持ちを重視したいシーンではアルカリ乾電池を選ぶメリットがあります。

例えば、リモコンや時計などが低電流の機器です。
懐中電灯など熱を持つような機器には乾電池は向いていません。

使い捨てなので故障しやすいシーンでも気軽に使える

乾電池は使い捨てですので、万が一壊してしまっても特に問題ありません。

例えば、子供に使わせるととんでもない使い方をされることもあるので
壊されることを想定して電池を選ぶ方もいるようです。
電気工作などをする場合でも、ショートを起こして電池を破壊することがあります。

壊してしまっても気軽に買い直せることは乾電池の大きなメリットです。

まとめ

このように乾電池を使うことも時には良い選択となることもあるんです。
利用シーンに応じて使い分けもしていけば、より賢く電池と付き合っていけるでしょう。

eneloopで大満足というあなたも、たまには乾電池のことを思い出してあげてください。

eneloop liteを使いこなす賢い使い方

eneloop liteを使うメリットを知ろう

eneloopには通常仕様のスタンダードモデルの他に
お手軽モデルのeneloop liteが用意されています。
eneloopを使うメリットについて理解を深め
スタンダードモデルとeneloop liteを賢く使い分けていきましょう。

eneloop lite

eneloop liteはとにかく安い

eneloop liteがお手軽なのは購入する時の価格の安さにあります。
eneloopのスタンダードモデル2本パックが1000円程度なら
お手軽モデルのeneloop liteは500円程度で購入することができます。

半額以下で充電池が使えるのでスタンダードモデルでは
乾電池との置き換えが難しい機器にもeneloopが使えるようになります。

こんな用途に使ってみよう

eneloop liteは乾電池でも十分に使えるような機器で
充電池を活用したい時に使うといいでしょう。

スタンダードモデルほどの電池持ちが必要ないような用途で
eneloop liteは大活躍します。
例えば、リモコンや時計の電池は交換する機会が少ないので
eneloop liteでも十分に電池が持ちます。

無線マウスやたまに使うライト用の電池に使うのもいいですね。

繰り返し使える回数が多い

eneloop liteはスタンダードモデルのeneloopよりも
繰り返し使用回数が多く、約5000回も使えるそうです。

充電池としての耐久性がかなり高いので
様々な用途に使いまわすのもいいでしょう。

夕暮れ時に散歩をするような習慣があって
道を照らすライトを使って毎日のように継ぎ足し充電をする
ような用途でも電池が丈夫なので安心して再充電を行えます。

実際に使いながらeneloop liteの方がよいと感じた具体例

スタンダードモデルをメインに使っていますが
eneloop liteの方が向いていたものがいくつかあります。
個人的に意外だったのは無線マウスですね。

wirelessmouse

マウスのように使えなくなると困るので
予備の電池も常に用意してある場合には
スタンダードモデルの電池持ちのよさが活かせていませんでした。

eneloop liteで交換回数がいくらか増えても
予備がちゃんと用意できていれば
不便に感じることはほとんどありません。

スタンダードモデルと使い分けをしながら
どちらが向いているのか探しながら使うのもいいと思いますよ。
eneloop liteの意外な活用法が見えてくるかもしれません。