QI対応のENELOOP充電器N-WL01S

Qi対応のeneloop充電器

ワイヤレス給電のQi(チー)に対応したeneloop製品があります。
Qiとは電磁誘導方式による給電をするための規格なんですが
簡単に言えばケーブルで繋がなくても充電できたり機器が使えたりというものです。
給電パッドに置くだけで充電できるのでちょっとした手間を省くことができます。

N-WL01S-W

充電機能付キャリングケースセット N-WL01S

見た目はキャリングケースのようなものです。
単3電池を2本、または単4電池を2本まで入れることができます。

充電機能のためかキャリングケースとしては大きくなってしまいますが
ケースに入れたままの状態で充電できるので入れ替えの手間がなくなります。

持ち運びすることが多い場合には重宝しますね。
持ち運んでから継ぎ足し充電をしたい時には

  1. キャリングケースから取り出す
  2. 充電器にセット
  3. 充電器から取り出す
  4. キャリングケースに戻す

入れ替えの手間がなくなるとこうなります。

  1. キャリングケースを給電パッドに置く

それほど大した手間でもないですが、かなり手順が楽になってますよね。

私が持ち運ぶ時にはちょっと使ったぐらいなら
充電することの方が面倒なので充電しないことがあります。
これだけ楽なら継ぎ足し充電がしやすいので
常に完全に充電した状態をキープしやすいですね。

Qi充電機能付キャリングケースの残念なところ

単3電池が2本しか入らないのは残念ですよね。

交換用の電池として外出先などにeneloopを持ち運ぶことがありますが
さすがに2本では予備としては少なすぎます。
せめて4本は持ち運びたいところでしょう。
用途としては限定的になりますね。

ただ、2本で十分な場合には軽くて済みますし
使用状況が合いさえすればかなり使えるでしょう。

N-WL01S-K

デザインについて

カラーはホワイトとブラックの2色で、中身は見えません。
中身が見えないと電池が入っているか確認できないですね。
利便性よりもデザイン性を優先しているのかもしれません。

三洋電機がPanasonicに吸収される前の製品なので
表面にあheneloopロゴとQiマークだけが印刷されています。

充電中はLEDが点灯するので充電中であることが容易に判別できます。

充電の手間が減ることが最大のメリット

キャリングケースの移し替えの面倒がなくなることが
充電機能付キャリングケースセットの最大のメリットと言えますね。

また、Qi対応の製品が増えてきて、スマホなどの機器を
Qiで一括管理できるようになればもっと利便性は上がるでしょう。
普通の充電器もQi対応して欲しいと思いました。