eneloopを選ぶ理由とラインナップ

eneloopを選ぶ理由とラインナップ

eneloopは従来の充電池よりも容量が多いことが魅力の1つです。
充電池の容量増加によって一度の充電をしておくだけで
電気製品を長時間稼働させられるようになります。
つまり、電池切れで使用不能になってしまう機会も減りますし
再充電をする手間も少なくなりますね。

電池容量の違い

今までの充電池はeneloopのような電池容量が実現できていませんでした。
その為、何度も充電する必要があって面倒でした。
eneloop以前の充電池は使用する前に充電をしなくてはならないので
予備があっても充電するための時間が必要だったのです。
さらに、この充電回数の多さによって充電池を使用する人は
カメラなどの需要がほとんどでごく僅かでした。
充電回数が増えると繰り返し回数の消費スピードも速いので
早めに買い換えなければならなかった事も挙げられます。

あらゆる用途で使える

eneloopにはいくつかの用途に応じたモデルが複数ラインナップされていて
自分の用途に適したものを選ぶこともできます。
特に用途を決めていなくてもスタンダードモデルであれば
電池容量も乾電池よりもはるかに大きく
繰り返し回数も多いのであらゆる用途で活用出来ます。

スタンダードモデルのeneloopの他に
お手軽モデルのeneloop liteや
ハイエンドモデルのeneloop proが用意されています。

お手軽モデルなら安く買える

お手軽モデルのeneloop liteは繰り返し回数がスタンダードモデルよりも
倍以上に多いことからスマホの充電のようにこまめに充電しながら
使いたい人におすすめです。
ただし、eneloop liteはスタンダードモデルよりも電池容量が少なめなので
消費電力の多い機器に長時間使いたい場合にはあまり向いていません。
乾電池のような感覚でeneloopを使いたい時に使えるのがeneloop liteです。
1本あたりの価格が安く、入手性が高いため
今までの乾電池と置き換えるようなつもりで使うと
便利に使えそうですね。

電池持ちがもっと欲しい時は

ハイエンドモデルのeneloop proは電池容量がさらにアップされたもので
消費電力の高い機器に使うことでeneloop proでより長時間動かせるようになります。
スタンダードモデルよりも値段も高めで、繰り返し使用回数が少ないのが
ハイエンドモデルeneloop proの残念なところですね。
カメラなどのフラッシュは電池の消費が激しいために
スタンダードモデルよりももっと電池容量が多いものが欲しくなるものです。
もしも、写真撮影などが趣味で今使っている電池の電池容量に不満のある方は
eneloop proを試してみるとカメラに集中できる時間が増えますね。

eneloopはどれを選ぶべき?

eneloopの3つのラインナップ

eneloopには3つのラインナップが用意されている。
まずはそれぞれの特徴を紹介しておこう。

eneloop4_3lineup

スタンダードモデル

あらゆる用途に使えるオールラウンダー。
電池容量も乾電池と同等でいつもの電池と同じように使える。

お手軽モデル

繰り返し回数がスタンダードモデルの倍以上になっている。

ただし、電池容量が少ないので消費電力の少ない機器に
使わなければ電池交換の手間が増えてしまう。

お手軽というだけあって価格が安価で数を揃えやすい。

ハイエンドモデル

電池容量がさらに増えたモデルだが一般用途には向いていない。

繰り返し回数が極端に少なくなっているので
カメラのストロボなどの消費電力の大きい機器に使うことが望ましい。

とりあえず選ぶならスタンダードモデルがベスト

量販店などで購入するとすれば、一番品揃えが多いのはこのモデル。

スタンダードといっても魅力がないわけではなく
乾電池と同様に使えるというバランスの良さが最大の魅力になっている。

スタンダードモデルは欠点と言える特徴がないのだ。

特に用途を決めていないのであれば
スタンダードモデルのeneloopを選んでおけば
あらゆる用途に使えて最も活用しやすいといえるだろう。

安いので子供に与えやすいeneloop lite

お手軽モデルのeneloop liteは
なんといっても安価であることが特徴的だ。

繰り返し回数が多いことも魅力なのだが、実際使っていると
スタンダードモデルの繰り返し回数2100回も繰り返し充電するのにも
かなり長い時間が必要になることがわかる。

たくさんの機器で使いたい時には
eneloop liteで数を揃えるのもいいだろう。

電池の消費が少ない目覚まし時計やリモコンなどには
eneloopでもいいがeneloop liteの電池容量で十分だ。

ハイエンドモデルは選択肢から省くのもアリ

ハイエンドモデルのeneloop proは繰り返し回数が約500回と
少なくなってしまっているのが問題点だ。

性能がそれほど高いわけでもないので
どうしてもという理由でもない限り選択肢に入れるのも好ましくない。

一日中フラッシュを多用するようなプロカメラマンでもなければ不要。
一眼レフカメラでもスタンダードモデルのeneloopで十二分に使える。

まずはeneloopを買ってみて電池容量の少なさを感じるようであれば
eneloop proの購入に踏み切るような形でいいだろう。

初めてのeneloopならスタンダードモデルでOK

初めてeneloopを買うなら
オールラウンダーであるスタンダードが最も適している。

使い勝手がわからない内は
様々な用途にeneloopを試すことになるからだ。

使ってみて新しいものが欲しくなった時には
用途を限定してお手軽モデルのeneloop liteについても
選択肢に入れてみるといいだろう。