ニッケル系一次電池

ニッケル系一次電池

oxyride

ニッケル系一次電池とは一次電池の1つである。
2002年より日本で生産が開始された。

アルカリ乾電池よりもさらに改良がなされており
長寿命化されているのが特徴。
幅広い用途で使えるのでアルカリ乾電池と同様に
様々な機器で使用されている。

日本ではPanasonicのオキシライド乾電池などが
ニッケル系一次電池として知られる。
なお、すでにオキシライド乾電池の生産は中止されている。

特徴

ニッケル系一次電池の特徴の1つに
電圧の高さが挙げられる。

  • 初期電圧1.7V
  • 公称電圧1.5V
  • 終止電圧1.0V

アルカリ乾電池と比較すると0.1Vほど電圧が高め。

機器によってはアルカリ乾電池の電圧を想定しているため
電圧の高さによる故障が起きることがある。