ニッケル水素電池

ニッケル水素電池

ニッケル水素電池は水酸化ニッケルと
水素吸蔵合金で構成される二次電池である。

ニッケル・水素充電池、などとも呼ばれる。

eneloopや充電式EVOLTAなどはニッケル水素電池である。

Panaloop_BK-3MCC2

特徴

ニッケル水素電池よりも以前に使われていた
ニカド電池の持つ問題を解消していることが特徴。
今ではニカド電池からニッケル水素電池への置き換えが済んでいる。

  • 電池容量が大きい
  • カドミウムを含まない
  • 自己放電がより少ない
  • メモリー効果の影響がより少ない

これらの特性と、eneloopのような自己放電・メモリー効果の問題を
より抑えた電池の登場により普及が進んだ。

recycle_ni-mh

ただし、いくつかデメリットもある。

  • 電圧が低い(公称電圧 1.2V)
  • 過放電に弱い
  • 破裂する危険性がある
  • 密閉状態での使用ができない

一般的な電池よりも公称電圧が低いため
懐中電灯などで少し暗くなってしまうなどのデメリットがある。
また、過放電による電池の損傷の影響が大きく
使用を誤ると電池が使えなくなるなどの故障が起こる。

その他の点においてはアルカリ乾電池と同様に使うこともでき
幅広い用途で使うことができる。