ニッケル水素充電池

ニッケル水素充電池

ニッケル水素充電池とは二次電池の1つ。
アルカリ乾電池などの一次電池の代替として普及している。

オレンジ色のリサイクルマークが電池に印刷されている。
水酸化ニッケル、水素吸蔵合金、水酸化ナトリウムなどから構成される。

recycle_ni-mh

特徴

二次電池の中でもニッケル水素充電池にはいくつか特徴がある。

  • 充電することで繰り返し使える
  • 容量密度が比較的高い
  • メモリー効果の影響を受けやすい
  • 自己放電が多い
  • 密閉状態では使用不可
  • 過放電による故障がある

ニッケル水素充電池は今では様々な機器に使われるようになった。
ニッケル水素充電池は一定の電圧を保つことに長けているため
デジカメやパソコンなどの一定の電圧を必要とする機器に向いている。
内部バッテリーとしてニッケル水素充電池が使われることもある。

自己放電については現在では改善されており
eneloopなどの自己放電の少ないニッケル水素充電池が発売されている。

繰り返し充電して使える回数は500回程度から5000回程度と幅広い。

使用上の注意

ニッケル水素充電池では使用方法を誤ると
破裂や液漏れや故障などの不具合が起こる。

  • 他の二次電池の充電器で充電しない
  • 電池残量が少ない時には再充電するまで使用を控える(過放電防止)
  • 密閉状態で使わない(水中ライトなど)
  • 時折最後まで電池を消費するようにする(メモリー効果対策)

メモリー効果は充電池だけじゃない

eneloopもメモリー効果で電池持ちが悪くなるの?

eneloopではメモリー効果によって電池持ちが悪くなることはほとんどありません。
それまでニッケル水素充電池が抱えていた問題の多くを解決するために
eneloopの開発が進められてきたからです。

継ぎ足し充電をすることの多い方の場合には電池をリフレッシュをするための
手間暇をかけなければなりませんでしたがeneloopではリフレッシュは必要がありません。

現在発売されている充電器からもリフレッシュ機能は省かれました。
それだけ、メモリー効果による影響がほとんどなかったからです。

メモリー効果についてはココをチェック

そもそもメモリー効果について知らないかたはeneloopのサイトで
eneloopの特徴について解説しているページがあるのでチェックしてみてください。

eneloopmemory
エネループってどんな電池?

現在ではさらにパワーアップした新世代のeneloopが発売されていますが
大まかな特徴については全て引き継がれています。
eneloopのエネルーピーというカワイイキャラクターが教えてくれるので
楽しみながらeneloopの特徴を知ることのできるサイトです。

メモリー効果は充電池だけじゃない

メモリー効果が起こるのは充電池だけではありません。
ニッケル水素充電池以外にもニッケル・カドミウム蓄電池などで
メモリー効果による影響で性能が大きく下がることが確認されています。

例えば、持ち運びが可能なコードレス機器などでは
バッテリーでメモリー効果が起きるかもしれません。

電池がすぐになくなって故障したように感じた時には
一度リフレッシュしてみると治るかもしれませんよ。
スイッチを入れ続けて電池がなくなるまで待ちましょう。

それから再び充電をした時に電池持ちがよくなっていたら
メモリー効果の影響だということがわかります。

スマホのバッテリーとメモリー効果

みなさんにとって最も身近なバッテリーといえば
スマホや携帯電話で使われているバッテリーでしょう。

スマホのバッテリーはメモリー効果がほとんどないそうです。
リチウムイオン二次電池なので影響が小さいのです。

なので、無理に最後まで使うといった必要がありません。
スマホやケータイなら安心して継ぎ足し充電ができます。

eneloopを安全に使うために気をつけたいこと

eneloopを安全に使うために気をつけたいこと

eneloopなどの充電池を使う上で気をつけたいポイントをおさらいしましょう。
意外と知らないことがあるかもしれません。

中には爆発事故を引き起こす原因となる使用法もあるので
自分の使い方に問題はないかぜひチェックしてみてください。

eneloop_danger

防水機器にはeneloopを使用しない

水中ライトやシェーバーなどの防水機器にeneloopを使用しないようにしましょう。
Panasonicの公式FAQでもこのような回答があります。

水中ライトでは使用しないでください。エネループシリーズなどの当社ニッケル水素電池を水中ライトなどの密閉構造の機器でのご使用にならないでください。当社ニッケル水素電池には、異常使用時に、電池内部のガス圧力が上昇しないようにガス排出機能を設けています。通常のご使用では、ガス排出機能が働くことはありませんが、過放電やショートなどで、電池内部のガス圧力が上昇すると、そのガスを電池の外へ自動的に放出します。この放出されるガスには水素ガスを含んでおり、密閉構造の機器では、水素ガスが拡散しないために、なんらかの着火源(火花、スパークなど)があると、破裂・発火の恐れがあります。
eneloopよくあるご質問

  • 水中ライトでは使用しない
  • 放出されるガスには水素ガスを含んで
  • 密閉構造の機器では、水素ガスが拡散しないために
  • 破裂・発火の恐れ

このあたりがポイントですね。

eneloopは使用時にガスを発生させるため
密閉状態になる防水機能のある機器では
使用するべきではないでしょう。

これはニッケル水素充電池特有の問題です。
eneloop以外でもニッケル水素充電池にあたる電池では
防水機能のある機器で使用をするべきではありません。

火の近くでeneloopを使わない

防水機器の話でeneloopからガスが発生していることを
紹介しましたが、このガスは水素ガスで可燃性があります。

ストーブの着火やガスコンロの着火で使う電池には
eneloopを使用しないようにしましょう。

カバンなどで運ぶ時にはケースに入れる

カバンやポケットの中に鍵や硬貨がある場合には
ショートを起こして発熱や破裂などを起こす場合があります。

eneloop_danger2

注意書きをよく読むとこのような記述があります。

電池をショートさせると液漏れ・発熱・破裂の恐れがあります。
ネックレスやキーチェーン、ヘアピン、コインなど金属物と一緒に
ポケットやバッグに入れないでください。
使わない時や持ち運びの際は、エネループパッケージなど
樹脂製のケースに入れてください。

電池のキャリングケースは300円程度で購入できます。
eneloopのパックによっては購入時のケースに
そのまま入れて使うこともできるみたいですよ。

充電池が寿命を迎えるとどうなるのか?

eneloopが寿命を迎えるとどうなるのか?

ニッケル水素充電池にはいつか使えなくなる瞬間がやってきます。
それは電池としての役目を果たした証ともいえるでしょう。

ここで疑問になるのが、どんな状態になると寿命切れといえるのか。
eneloopが使えない状態とはどんな状態のことなのか、ということです。

寿命を迎えた充電池のことについてまとめてみました。

trouble

電池持ちが極端に悪くなる

ニッケル水素充電池が寿命を迎えた時には
電池容量が極端に落ち込んでしまうことがよく聞かれます。

例えば、充電完了状態から30秒ほど使うだけで
すぐに電池切れを起こしてしまうことなどです。

これは電池の劣化により、電池容量が落ち込んだことで起こる
電池持ちの極度の悪化です。
こうなってしまうと多くの場合、元の状態には戻せなくなり
電池を新しいものに置き換えるしかありません。

充電ができない

電池持ちの悪さと関連していますが
電池を十分に使い切っているのにもかかわらず
充電がすぐに終わってしまうなら、寿命と考えられます。
これもはやり元に戻すような方法はありません。

充電ができない(過放電)

ニッケル水素充電池は過放電により
充電が行えなくなることが知られています。

過放電は電池の使いすぎを防ぐことができるので
電池の故障を回避するのは容易です。

ただし、一度このようになってしまうと
eneloopのような安全装置のある充電器では復帰させることができません。

安全装置のない充電器で充電することで
過放電による故障から復帰させることができることもあるとか。

充電池として使えなくなったことが寿命のサイン

このようにニッケル水素充電池は使えなくなると
電池持ちが悪くなって充電できなくなり電池として使えなくなります。

もしも、寿命切れの可能性のある症状に出会った場合には
どの電池がダメになっているのか、それとも全てダメなのか調べてみましょう。
1本のeneloopがダメでも他はまだ使えることがあるからです。

goodhand

寿命切れを防ぐためには電池に無理をさせないこと

過放電もそうですが、電池に負荷をかけるような使用は
電池の寿命を短く原因になります。

電池切れを起こした電池をさらに使う過放電や
使いきらずに充電をする継ぎ足し充電や
電池が熱を持つような状態での使用は避けるようにしましょう。
自分でできる範囲で大丈夫です。

繰り返し使用回数の多さが魅力のeneloopも
より大切に使っていくことでより多くの回数で活躍してくれます。

eneloopで電池生活をもっとエコに

eneloopで電池生活をもっとエコに

乾電池を資源ゴミとして回収している自治体は多いですよね。
乾電池に使われている鉄や亜鉛などは私たちに欠かせない大切な資源です。

リサイクルを積極的に行うことは重要なことです。
そしてさらにエコロジーに資源を活用するためには
2次電池のようなリサイクルを行うことない製品も重要です。

何度も利用できるよりエコな電池について考えてみました。

green-recycling-concept

リサイクルをするのも大変

リサイクルをするためにもエネルギーは必要になることを忘れていませんか?

リサイクルを行う中では資源として
再び使えるようにするための処理が必要です。
乾電池の鉄や亜鉛も電池の原型を保ったままでは使えませんから
製鉄所などで溶かしてから、また新たな製品に生まれ変わるのです。

これらのリサイクルに必要なエネルギーのことを考えると
リサイクルをすることに大変なコストがかかっていることがわかります。

ニッケル水素充電池はリサイクル不要

eneloopなどのニッケル水素充電池では
再び充電することで同様に使うことができますから
リサイクルのためのコストを減らすことができます。
よりエコロジーな方法で電池を使う生活を続けられるのです。

リサイクル不要であることがニッケル水素充電池の大きな利点。
しかも、その繰り返し使用できる回数をより増やしたeneloopは
その中でも特にエコな製品なのです。

エコということはおサイフにも優しい

eneloopはエコなだけでなくおサイフにも優しくできています。
再利用に必要になるのは充電するための電気代ですが
必要になる電気代は1本あたり0.13円です。

1000本分使っても130円でジュース1本程度と考えると
eneloopがどれだけおサイフに優しいかわかりやすいです。
充電池生活に慣れると乾電池がとても高く感じてしまうほどです。

eco

使えなくなったらリサイクル

2次電池のニッケル水素充電池も使えなくなったらリサイクルできます。
つまり最後の最後までエコロジーな電池なのです。
eneloopなどの充電池を回収しているボックスは
量販店などにあるそうですよ。

私の近所の電器店にも回収ボックスが用意されていました。
使い終わった充電池も乾電池同様に中身の資源を分別して
新たな製品に生まれ変わっていくのでしょう。

社会にもあなたにも嬉しい電池

ニッケル水素充電池はこのようにエコな製品として
社会にも資源の有効活用としてのメリットがあり
利用者自身にも金銭的なメリットのあるものなのです。

ちょっと高いなぁと思っても、何度も使うことで
すぐに元は取れるのがすごいところです。

もしも、一度も充電池を使ったことがないのであれば
充電池を使ってもっとエコな生活を送ってみるのも
いいと思いますよ。

スペーサーを使えば電池のサイズを変えられる

スペーサーを使えば電池のサイズを変えられる

eneloopを単1サイズや単2サイズの電池として使う方法があります。
それはスペーサーというものを利用して
単3のeneloopを単2電池と同様に使えるようにするものです。
スペーサーを使うとどんなことができるのか紹介していきましょう。

Panasonicスペーサー

スペーサーを使って電池を大きくする

スペーサーの最も一般的な利用法としては
すでに持っている単3を使って単1や単2などの
さらに大きな電池として使うことです。

eneloopには過去に単1や単2サイズの充電池が発売されていて
単1や単2サイズのニッケル水素充電池がないわけではありません。

それでも、単3のeneloopをスペーサーを使って使い回せれば
その方が安い値段で使えますしお得です。
スペーサーを利用することには経済的な利点もあるのです。

他社製品のスペーサーについて

スペーサーを選ぶ際に気になると思うのですが
他のメーカーから発売されたスペーサーもたくさんあるんですよね。
eneloopならeneloopブランドのスペーサーでないとダメなのでしょうか?

実はスペーサーのメーカーによる違いはほとんどありません。
ただし、寸法の違いによって場合によっては
電池がうまく入らない可能性もあります。
eneloopを発売しているPanasonicのスペーサーでは
eneloopと充電式EVOLTAに対応していますが
両ブランドのハイエンドモデルには使用できないと表記があります。

特にeneloop proや充電式EVOLTAの黒と金カラーの充電池を
使っている場合には気をつけた方がよさそうです。
eneloopのスタンダードモデルやお手軽モデルのeneloop liteなら
他社のスペーサーでも使えるものがたくさんあります。

BK-3HCC2_649679BK-3HLC2B_650302

スペーサーを使うと電池持ちが悪い?

スペーサーを使っても単3の電池持ちが
単2サイズや単1サイズにまで大きくなるわけではありません。
単3サイズの電池よりも単2サイズの電池の方が
電池容量が大きいことから電池持ちが悪く感じることもあるでしょう。
それは容量の小さい単3サイズの充電池を使っているからです。

スペーサーによっては単3を2本入れることのできるタイプもあるので
電池容量が重要な場合には格納できる本数をチェックして
スペーサーを選ぶようにするといいでしょう。

時計などの消費の少ないものなら、まず問題はありませんし
LEDライトでも数時間使う程度であれば単3でも電池持ちは十分です。
使うたびに充電をすることで電池切れは防げます。

eneloopがシェアを獲得できたワケ

eneloopがシェアを獲得できたワケ

eneloopはニッケル水素充電池市場について
日本国内で60%を超えるシェアを獲得している。
なぜここまでeneloopの人気が高まったのだろうか?

BK-3MCC2_649437

自然放電が抑えられている

自然放電とは電池を使わなくても勝手に放電してしまう現象のことだ。
アルカリ乾電池などと比べるとニッケル水素充電池は
自然放電による影響が大きく放置しておくとすぐに使えなくなってしまっていた。
eneloopはそのデメリットが克服されていたので
乾電池同様に使うことができるのだ。

電圧が高いこと

電池が切れるギリギリまで電圧が高いのがeneloopの特徴だ。
どんなメリットがあるのかというと電池がなくなるにつれて
ライトの明るさが落ちるといった経験はないだろうか?
そういった影響が少ないためeneloopはより長く使うことができる。

メモリー効果の影響が軽減

メモリー効果とは完全に使い切っていない状態で充電をする
再充電を繰り返すことで電池の電圧が低くなってしまう現象のことだ。
つまり、継ぎ足し充電をすると電池持ちが悪くなることが
従来のニッケル水素充電池ではよく見られたのだ。
ニッケル水素充電池はメモリー効果の影響が大きかったが
eneloopではその欠点を克服し継ぎ足し充電をしやすくなった。

繰り返し使用回数が多い

初代eneloopの時点でも従来品の倍以上の性能を誇っていた。
充電池といっても何度でも使えるわけではなく
ニッケル水素充電池を繰り返し使うことには限界があった。
eneloopは今ではさらに繰り返し使用回数を増やし
5000回を超えるeneloop liteも発表している。

デザイン性の高さ

デザインは姿をみる機会の少ない電池においても重要なものだ。

eneloop4_3lineup

特に充電池は乾電池と見分けがつかないと間違って捨ててしまう可能性もあるからだ。
eneloopは白を基調としたデザインでeneloopであることが
はっきりとわかりやすいようにできている。
他にもカラーリングを変えたものなどが発売されていて
使い分けがしやすいのもeneloopの特徴といえる。

充電器の安全性

ニッケル水素充電池では専用の充電器を別売りで販売されることが多い。
中には安全性の配慮のない粗悪品も国内では売られている。
eneloopは過充電の防止や電池を見分けて充電を行わないといった
故障を防ぐための仕組みがしっかりと備わっている。
使い慣れていない人がうっかりeneloopを壊してしまうといった
失敗をしにくいのは充電器の安全性が保たれているおかげだ。

eneloopを使ってはいけない機器について

eneloopを使ってはいけないシーン

eneloopのようなニッケル水素充電池は水中で使う機器には
使ってはいけないことを覚えておこう。

なぜなら、電池が過放電されたり過充電された場合に
eneloopの内部にガスが発生するからだ。

水中ライトなどの機器ではガスの逃げ場がないために
ガスがたまってしまうことが危険なのだ。

ガスの正体は可燃性ガスの水素ガスなので
爆発事故などに繋がることが考えられる。

ストーブの使用も避けるべきだ。
可燃性のガスがeneloop出てくるので
ストーブの点火装置用の電池には使わない方がよい。

eneloopを使うべきでないもの

水中ライトや水中カメラ
その他水中で使うもの
ストーブやガスコンロなどの点火装置

水素ガスはどこから出てくる?

eneloopには水素ガスを逃がすための空気穴が用意されている。

今売られているeneloopにも+極側に空気穴があるのだが
見えないように工夫されていてそのままでは確認できない。

古い世代のeneloopでは+極の出っ張りに穴があるのが確認できる。

eneloop_hool

画像の青い丸の中央にある三角形のような形をした部分が
eneloopが水素ガスを排出するために用意された空気穴だ。

今の世代ではこの穴はなくなっていて
表面カバーの隙間からガスが放出されるようになっている。

他の充電池はダメでもeneloopならOKな用途

ニッケル水素充電池では過放電(電池が空なのに使い続けること)をしてしまうと
充電が行えなくなるような故障の原因になることが知られている。

だが、eneloopでは過放電に対して耐性を持っているので
他の充電池では使えないような用途でも問題なく使えるようになっている。

例えば、懐中電灯のようなものが過放電の原因になりやすい。
スマホやカメラなどのように電圧の低下を検出して過放電を防ぐ仕組みがないからだ。

eneloopでは過放電に強いため、空になった状態で
懐中電灯などを使ってしまっても壊れる心配がない。

「ですが、エネループは過放電に対して非常に強いという特徴があります。私たちが行なった試験では、エネループを機器に入れて60℃ぐらいの温度で使い、1週間も2週間も放置し、ほとんど0V近くまで過放電させたのですが、充電すると100%回復して性能がほとんど劣化しません」
そこが知りたい家電の新技術開発者に聞く、ニッケル水素電池「eneloop」がやっぱりスゴい理由

私も実際に懐中電灯でeneloopを使用していて
知らずに過放電をさせてしまったことがあるが
使えなくなるような故障は一度も起きていない。