eneloopがシェアを広げた理由と用途の幅広さ

充電池を使ってみよう

eneloopはこれから先私たちになくてはならないものになるような
性能の高さが魅力の充電池です。
実際に、eneloopは販売から数年で売り上げを伸ばし
大きなシェアを確保している世界的にも有名な充電池です。
eneloopの特徴は高い電池持ち能力と
耐久力の高さを示す繰り返し使用回数の多さにあります。
電池持ちがいいので一回の充電で長く使い続けることができるだけでなく
その充電の回数も多くなっているので一生ものにもなるような充電池なのです。
eneloopがシェアを広げてきた理由には
充電池としての性能の高さが貢献してきました。

昔の充電池よりずっと進化したeneloop

今までの充電池はどんなものだったのかというと
値段が高いだけで電池持ちもそれほど良くなく
使用回数が限界に達することで買い替えも必要になるようなものでした。
充電池といえば乾電池よりも数十倍高くなってしまうという
初期費用の高さが問題でしたが
それに見合わない性能が充電池の需要を押し下げていたのです。
eneloopが急激に大きなシェアを獲得できたのは
従来の充電池の性能があまりにも頼りなかったとも言えますね。

使いやすいスタンダードモデル

eneloopを導入するのであれば、家電量販店でもよく売られている
スタンダードモデルのeneloopが最もおすすめです。
スタンダードモデルは先ほど説明したような
高い電池持ちと繰り返し使用回数が多いことが特徴です。
ですから、どのような用途にも対応できる性能の高さがあります。
他のモデルと悩んだ時には迷わずスタンダードモデルを選びましょう。

乾電池代わりに気軽に使えるモデル

eneloopのシェアが高まってくると乾電池の置き換えとしての需要が高まっていきました。
その結果生まれたのがeneloop liteです。
eneloop liteには繰り返し回数がスタンダードモデルよりも倍に
伸びていることが挙げられます。
ただし、電池持ちはスタンダードモデルよりも半分以下となっていて
乾電池でも十分に電池持ちが確保できるような目覚まし時計などの用途に向いています。
値段が安めなのも魅力ですから、電池を紛失してしまうことの多い
旅行先などの使用のために買う方もいますね。

デジカメをもっと長持ちに

最後に紹介するのは一般的な用途にはおすすめできないハイエンドモデルの
eneloop proというモデルです。
eneloop proは従来から充電池を多用していたカメラ用電池として
使用するために電池持ちがさらに高められています。
ただし、繰り返し使える回数が少ないデメリットがあるので
特別な用途以外で使うのであればスタンダードモデルを選ぶほうが得策です。
カメラが趣味の方にはeneloop proが大活躍しますので
カメラ用にはeneloop proを選んであげるといいでしょう。

単1型の充電池を買うメリットとデメリット

単1型の充電池を買うメリットとデメリット

eneloopやその他の充電池は単3型や単4型だけではありません。
単1型や単2型のニッケル水素充電池が売られています。

ところが、よく考えてみると単1型や単2型の充電池がなくても
単3型充電池とスペーサーがあれば単1型にも単3型にも変換できますよね。

あえて単1型や単2型のサイズの充電池を選ぶメリットはあるのでしょうか?

Panasonicスペーサー

【メリット】サイズが大きいと電池容量が増える

単3型の充電池とそれより大きいサイズの充電池の決定的な違いは
充電池の電池容量の差にあります。

サイズが大きな分だけ、より多くの電力を蓄えられるので
大きいサイズの充電池の方が電池持ちがいいのです。

例えば、最も一般的な単3型のスタンダードモデルeneloopなら
電池容量はmin 1900mAhです。
電池容量を増やした単3型eneloop proでもmin 2450mAhとなっています。

それに対し、より大きなサイズのニッケル水素充電池であるPanasonicの
単2型充電池はmin 3000mAhとなっています。
単1型充電池ではなんとmin 5700mAhです。

電池容量がサイズの大きな充電池の強みなのです。

単1型充電池

【デメリット】専用の充電池が必要になる

eneloopのような充電池を使うためには充電器で充電を行う必要があります。
しかし、サイズが大きいために一般的な充電器では
単1型や単2型の充電池は充電をすることができません。

専用の充電器が必要になりますので
サイズの大きな充電池を使うための出費が増えます。
しかも、サイズの大きな充電池が充電できる充電器は
急速充電などが行えず単3型充電池との併用では利便性を損なってしまいます。

【デメリット】充電池の値段が高く、性能は低い

サイズの大きな充電池が性能面で勝っているのは
電池容量だけで他の面では単3型に負けています。
Panasonic製のものでは繰り返し回数が約1000回と
約2100回のeneloopや約1800回の繰り返し使用が可能な
ものと比べて性能が落ち込んでいるのです。

また価格が1本で1000円以上するなど
単3型数本分の値段であり高い価格になっています。
充電器の購入も含めるとこの出費は大きいでしょう。

電池容量が重要な場合に価値がある

つまり、単1型や単2型の充電池を選ぶ場合には
電池容量の大きさが重要である用途であることになります。
電池容量が必要でなければサイズの大きな充電池に
価値が生まれることもないでしょうからね。

単1型や単2型はスペーサーがあれば代用は可能なのですから
どうしてもという理由が出てきた時に購入を考えるといいでしょう。