アルカリ乾電池

アルカリ乾電池

アルカリ乾電池は一次電池の1つである。
アルカリマンガン乾電池とも呼ばれる。

二酸化マンガンや黒鉛、亜鉛、水酸化カリウムの水溶液などで構成される。

alkaline

特徴

  • 電池が終わったら使い捨てる
  • 安価で入手性が高い
  • 機器によって電池持ちが変わる
  • 電圧が高め

アルカリ乾電池ではニッケル水素充電池ほどではないが
自己放電による消費が起こる。
また、アルカリ乾電池の内部抵抗が大きいために
大きな電流を必要とする機器の使用は向かない。
逆に、小さな電流で済む場合には電池持ちがよくなる。
例えば、デジカメのストロボなどにはアルカリ乾電池は電池持ちが悪く
TVリモコンや時計では電池持ちが良い。

他の電池との違い

以前は当時主流だったマンガン乾電池よりも高価だったが
今ではコストが抑えられ安価になり、値段の差はなくなっている。
アルカリ乾電池はマンガン乾電池よりも多くの点で優れているため
腕時計のような特定の用途以外はアルカリ乾電池の方が向いている。

電圧が1.5Vと高めなので懐中電灯などでより明るく点灯する。
(ニッケル水素充電池では1.3V)
ただし、電池の消費と共に電圧が下がってしまう。

マンガン乾電池の存在意義について

マンガン乾電池の存在意義について

マンガン乾電池という名称は誰でも知っていると思います。
でも、あまり使うことのない電池なのではないでしょうか?

私の場合ですが、マンガン乾電池をあえて購入することは全くなく
電気製品に付属されたものを使う程度です。
電池を使う時はeneloopやアルカリ乾電池で済ませています。

そんな出番のないマンガン乾電池について考えてみました。

マンガン乾電池を使うメリット

マンガン乾電池が使われるのはアルカリ乾電池よりも安価だからです。
(といっても現在店頭で売られている値段はアルカリ乾電池と同じだったりしますが・・・)
より低コストで作ることができるので付属の電池として使われやすいのでしょう。

歴史的にはポピュラーな電池の1つで、アルカリ乾電池の次によく使われる乾電池です。
三洋電機でこのような紹介をされていました。

歴史が古く、ポピュラーで安価な電池。赤と黒の2種類があり、休ませると回復する性質があるので、かい中電灯などのように時々使うもの、短時間くり返し使うものにおすすめ。黒の方が電池容量が多く、長持ちするんだ。

休ませると回復する性質というのはアルカリ乾電池にはない特徴ですね。
懐中電灯のように使わない時間が多い使用ではその回復力が活かされて
マンガン乾電池は長持ちしやすくなるそうです。

マンガン乾電池を使うとしたら

リモコン、時計、懐中電灯、玩具、ガスコンロなどがマンガン乾電池に
向いている使用機器になります。
消費電力が少ない時計や、使用電力が大きく使う時間が短いライトであれば
マンガン乾電池に使うのに適しています。

逆にある程度消費電力があり長時間使い続けるような用途では
アルカリ乾電池がより優れています。

先ほど挙げた機器ですが、アルカリ乾電池とマンガン乾電池で
どちらを使うべきかと考えた時にマンガン乾電池が優れているというわけではありません。
アルカリ乾電池があることを考えれば、マンガン乾電池は
限られた用途でしか使用できない電池ということになります。

マンガン乾電池は液漏れしにくい(かもしれない)

マンガン乾電池は電池の仕組みによって、過放電による
外装の損傷が起きることのある電池なのだそうです。

日本で発売されているものであれば、液漏れを配慮した素材を
使っているようですが、海外製では液漏れを防止するような仕組みがないことも。

私の家にある付属品のマンガン乾電池を調べてみましたが
中国製で中国語表記のマンガン乾電池でしたので危ないのかもしれません。

安ければ利用価値あり

製造コストが低いということで安く手に入れられるなら
これからも使用することはあるかもしれません。
ただ、マンガン乾電池の長所と短所を理解していないと
真価を発揮するような使い方は難しいでしょう。

充電池よりも乾電池が優れるシーンとは?

充電池よりも乾電池が優れるシーン

充電池を使うメリットをみると乾電池よりもコスト面や利便性でも
充電池の方がより優れているように感じらます。

充電池を使うメリット

  • 1本分あたりのコストが安い
  • いつでも十分な電気を蓄えておける
  • ゴミが少ない
  • 電圧低下が少ない(電池残量で使用感が変わらない)

このような差のある乾電池ですが、それでも乾電池が優れているとは
どのようなシーンのことなのでしょうか。
(ここではアルカリ乾電池について書いていきます。)

自然放電が少ない(自然放電の少ないeneloopよりさらに少ない)

自然放電が少ないことは使う頻度の少ないシーンで
より電池が長持ちするということを意味しています。
例えば、災害時用の備蓄として電池を保存するのであれば
自然放電の少ないアルカリ乾電池を選ぶ方がより長い期間備蓄することができます。

充電できないシーンでの使用

災害時ではコンセントから安定した電力を得られないかもしれません。
そうであれば、充電池の持つ最大のメリットである再利用ができませんから
乾電池のほうがより優位になります。
充電できないことを想定するなら、乾電池を大量に用意する方がいいでしょう。

低電流であれば電池持ちが充電池よりも高い

アルカリ乾電池にはeneloopのようなmin 1900mAhのような表記がありません。
それは電流量によって電池持ちが大きく変わる特性があるためです。

低電流では2800mAh相当にもなりますが、高電流では1000mAh相当にもなります。
低電流で電池が消費される機器ならアルカリ乾電池を選ぶほうが長持ちします。
より電池持ちを重視したいシーンではアルカリ乾電池を選ぶメリットがあります。

例えば、リモコンや時計などが低電流の機器です。
懐中電灯など熱を持つような機器には乾電池は向いていません。

使い捨てなので故障しやすいシーンでも気軽に使える

乾電池は使い捨てですので、万が一壊してしまっても特に問題ありません。

例えば、子供に使わせるととんでもない使い方をされることもあるので
壊されることを想定して電池を選ぶ方もいるようです。
電気工作などをする場合でも、ショートを起こして電池を破壊することがあります。

壊してしまっても気軽に買い直せることは乾電池の大きなメリットです。

まとめ

このように乾電池を使うことも時には良い選択となることもあるんです。
利用シーンに応じて使い分けもしていけば、より賢く電池と付き合っていけるでしょう。

eneloopで大満足というあなたも、たまには乾電池のことを思い出してあげてください。