アルカリ乾電池

アルカリ乾電池

アルカリ乾電池は一次電池の1つである。
アルカリマンガン乾電池とも呼ばれる。

二酸化マンガンや黒鉛、亜鉛、水酸化カリウムの水溶液などで構成される。

alkaline

特徴

  • 電池が終わったら使い捨てる
  • 安価で入手性が高い
  • 機器によって電池持ちが変わる
  • 電圧が高め

アルカリ乾電池ではニッケル水素充電池ほどではないが
自己放電による消費が起こる。
また、アルカリ乾電池の内部抵抗が大きいために
大きな電流を必要とする機器の使用は向かない。
逆に、小さな電流で済む場合には電池持ちがよくなる。
例えば、デジカメのストロボなどにはアルカリ乾電池は電池持ちが悪く
TVリモコンや時計では電池持ちが良い。

他の電池との違い

以前は当時主流だったマンガン乾電池よりも高価だったが
今ではコストが抑えられ安価になり、値段の差はなくなっている。
アルカリ乾電池はマンガン乾電池よりも多くの点で優れているため
腕時計のような特定の用途以外はアルカリ乾電池の方が向いている。

電圧が1.5Vと高めなので懐中電灯などでより明るく点灯する。
(ニッケル水素充電池では1.3V)
ただし、電池の消費と共に電圧が下がってしまう。