eneloopを長持ちさせる4つのポイント

eneloopを長持ちさせる4つのポイント

eneloopを長持ちさせる使い方を紹介します。
使い方を工夫するだけでより長くeneloopを使い続けることができます。
面倒な手順もなく、頭の隅に置いておくだけでも実践できるものばかりです。
電池持ちがよくなる利点もあるので参考にしてみてください。

goodhand

一緒にセットで使うものはグループ分けしておく

電池を使う時には2本や4本のセットで使うことが多いですよね。
eneloopを使う時には予めセットとして使うものを
グループ分けしておきましょう。

eneloopをグループ分けしておくことで
電池毎の電池容量の差がなく劣化の影響が少なくなります。

電池の劣化があってもグループの電池はどれも同じ程度の
電池容量になるので劣化による無駄をなくすことができます。

充電は同じタイミングで

eneloopの自然放電はかなり少ないものの
影響が全くないわけではありません。
グループを作っていても充電のタイミングのズレによって
電池の充電量に差が生まれてしまうことがあります。

そうすると片方の電池が使われすぎるなどで劣化にも差が生まれます。
一度グループを作った電池は使う時だけでなく
充電をする時にも一緒に使うほうがeneloopは長持ちするでしょう。

eneloopMazemaze

使う機器を決めておく

このeneloopはこの機器に使うと最初に決めておくことが望ましいです。
機器の消費電力によってeneloopへの負荷に大小がありますので
寿命を縮める原因になることがあります。

ここではグループ化をしておくことが
eneloopを長持ちしやすいポイントになります。
ただし、2本グループAと2本グループBから
4本グループCを作るといったことがあると
グループ間の劣化の差を生むことになります。

eneloopを使う機器も含めて最初に決めておくことが大切です。

使いすぎに気をつける

ニッケル水素充電池では過放電という現象によって
電池の寿命を大きく損なう問題点があります。
過放電とは使えない状態になってもまだ使い続ける行為などで発生します。

eneloopでは過放電の問題点についての影響をかなり抑えてはあるものの
より長持ちさせるためには過放電は防ぐように使い方を工夫しましょう。

注意したいのはライトやラジオのような電池がなくなる
ギリギリまで使い続けることのできる機器の使用です。
電池切れの兆候が出てきた時点で電池を充電するようにしましょう。

ただし、携帯ゲームやデジカメのようなある程度電池がなくなると
動かなくなるような機器であれば心配する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です