eneloopの自然放電の少なさの魅力とは

eneloopの自然放電の少なさの魅力とは

eneloopが選ばれる理由は自然放電の少なさにあります。自然放電が大きい充電池では電池を放置しておくだけで充電した電力が逃げてしまうので必要になった時に電池がゼロになっているということもよくありました。従来の充電池はこの自然放電の大きさがネックとなっていて、使いたい時に使えないという状況があるために使用を避けられることすらありました。eneloopはこの自然放電の特製が改良されていて、eneloopを放置しておいても電池残量が減らないことが特徴です。

eneloopの自然放電の少なさによって充電池の使用の幅が大きく広がりました。例えば、eneloopを災害時のラジオの電池として使用することもできるので緊急時用の備蓄としてeneloopを使うことができるのです。eneloopは新品で買った状態ですでに充電されているので新品をそのまま災害バッグに入れておくだけでも備蓄ができるので便利ですね。電池残量を気にする必要がなくなったことで、このような災害時でも安心して使えるようになったのです。

具体的にどれぐらい充電池としての性能がアップしているのでしょうか?eneloop以前の従来の充電池の場合には一年間放置すると50%にまで電池残量が減ってしまいました。従来の充電池は3年後に0%にまで落ち込むので備蓄用としては使えないことがわかります。eneloopは1年後でも90%の電池残量が維持されており、3年後になっても80%の電池残量が確保できています。eneloopは5年後でも電池残量が70%とかなり長期間にわたって電池残量を維持することが可能になっています。eneloopのこの違いが充電池の新たな可能性を生み出しているのです。

自然放電の特性をアップさせたことでeneloopは様々な用途に対応できるようになってきましたが、それだけでなくこれから先も進化を続けています。eneloopは2005年に発売されてから長い月日が経っていますが、それまでの間にも進化を続けていて今販売されているのは新型の世代のeneloopになります。以前のeneloopと比べても高性能化が進んでいるため、新しいeneloopを買うことでさらに自然放電の少ない充電池を手に入れることができます。

自然放電が少ないからこそeneloopは乾電池以上の実力を発揮してきました。まだ家に乾電池を使っている電気機器があったらeneloopに置き換えることで電池持ちのよさをもっと実感できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です