eneloopのメモリー効果による影響

メモリー効果についての簡単な説明

メモリー効果とは充電池を使い切っていない状態で充電を繰り返すことで
電池容量が少なくなる現象のことです。
ニッケル水素充電池の他にもニッケル・カドミウム蓄電池で
メモリー効果の影響と見られる電池持ちの悪さがみられます。
同じ充電池でもリチウムイオン二次電池ではメモリー効果の影響が少ないそうです。

なお、メモリー効果の影響をなくすためにはリフレッシュを
行うことで元の状態に戻すことができることが知られています。
充電池を一度完全に使い終えてから再び充電をすることで
充電池がリフレッシュされ電池持ちがほとんど元通りになります。

公式発表でのeneloopとメモリー効果の関係

eneloopを開発した三洋電機の発表では
eneloopはメモリー効果の影響を受けないという記述があります。
「つぎたし充電してもメモリー効果が気にならないから、いつでも充電OK」
「エネループはメモリー効果の影響が少ない今までにない充電池」

こんな風に書かれているのでメモリー効果について気にせず
使ってしまっても問題ないと考えていいのでしょう。
実際に検証をしている記事があったので紹介します。

eneloopは極端に電池持ちが悪くならない

eneloopを使った継ぎ足し充電の実験の結果をみると
メモリー効果の影響は出ていても使用上問題があるほどの違いはないようです。

結果から言えば「メモリー効果が原因と思わしきグラフになるものの、ほとんどの機器は使える時間が極端に短くなったりしない」と言っていいだろう。
長期レビュー 三洋電機「eneloop/eneloop lite」最終回 – 家電Watch

メモリー効果でデジカメなどの機器で使う時に
最初から電池が半分で表示されることがあるようで戸惑いそうです。

電池持ちについてはそこまで大きな影響がないので
公式に発表されている情報は正確と言えます。

微々たる影響もリフレッシュで解消可能

eneloopのメモリー効果が実際に少ないことはわかりました。
微々たる影響ではありますが、eneloopでもリフレッシュによって
通常のメモリー効果と同様に悪影響を解消できることも記事に書いてありますね。

継ぎ足し充電を毎日のように繰り返している人は
たまに完全に使い切ることを意識して使ってみると
電池持ちがもう少しだけよくなるかもしれません。

eneloopはやっぱりすごかった

単なる宣伝文句で大げさに言っているというわけではなく
実際にメモリー効果の影響がほとんどないのがeneloopのスゴイところですね。

余計なことを気にせず使えるのは当たり前のようですが
充電池としてとても優れている素晴らしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です