eneloopの自然放電の少なさの魅力とは

eneloopの自然放電の少なさの魅力とは

eneloopが選ばれる理由は自然放電の少なさにあります。自然放電が大きい充電池では電池を放置しておくだけで充電した電力が逃げてしまうので必要になった時に電池がゼロになっているということもよくありました。従来の充電池はこの自然放電の大きさがネックとなっていて、使いたい時に使えないという状況があるために使用を避けられることすらありました。eneloopはこの自然放電の特製が改良されていて、eneloopを放置しておいても電池残量が減らないことが特徴です。

eneloopの自然放電の少なさによって充電池の使用の幅が大きく広がりました。例えば、eneloopを災害時のラジオの電池として使用することもできるので緊急時用の備蓄としてeneloopを使うことができるのです。eneloopは新品で買った状態ですでに充電されているので新品をそのまま災害バッグに入れておくだけでも備蓄ができるので便利ですね。電池残量を気にする必要がなくなったことで、このような災害時でも安心して使えるようになったのです。

具体的にどれぐらい充電池としての性能がアップしているのでしょうか?eneloop以前の従来の充電池の場合には一年間放置すると50%にまで電池残量が減ってしまいました。従来の充電池は3年後に0%にまで落ち込むので備蓄用としては使えないことがわかります。eneloopは1年後でも90%の電池残量が維持されており、3年後になっても80%の電池残量が確保できています。eneloopは5年後でも電池残量が70%とかなり長期間にわたって電池残量を維持することが可能になっています。eneloopのこの違いが充電池の新たな可能性を生み出しているのです。

自然放電の特性をアップさせたことでeneloopは様々な用途に対応できるようになってきましたが、それだけでなくこれから先も進化を続けています。eneloopは2005年に発売されてから長い月日が経っていますが、それまでの間にも進化を続けていて今販売されているのは新型の世代のeneloopになります。以前のeneloopと比べても高性能化が進んでいるため、新しいeneloopを買うことでさらに自然放電の少ない充電池を手に入れることができます。

自然放電が少ないからこそeneloopは乾電池以上の実力を発揮してきました。まだ家に乾電池を使っている電気機器があったらeneloopに置き換えることで電池持ちのよさをもっと実感できるようになりますよ。

eneloopの使いやすさには自然放電の少なさに秘密あり

eneloopの使いやすさには自然放電の少なさに秘密あり

eneloopを選ぶ人が増えているのはなぜでしょうか?それは自然放電の少なさにあります。以前の充電池を使ったことのある方ならわかると思いますが、充電池の場合乾電池よりも特に自然放電での電池減りの早さが目立つんですよね。実はどの電池もそうなのですが、電池を放置しておくだけでも電池が減ってしまう自然放電という現象があります。この自然放電の影響は充電池では特に大きく、使う直前に充電しなければ使えないという認識をされていたほどでした。

実際に自然放電の影響は大きく、今ではeneloopを災害用に備蓄するといった使い方も当たり前になっていますが、以前では充電池を備蓄するのはありえないことでした。なぜなら3年もすると電池残量がゼロになってしまうので電池が使えなくなるからです。eneloopのように自然放電を少なくしたことで、充電池のこのような使えないポイントが改善されてきたことで備蓄や長期間入れっぱなしの使い方もできるようになったのです。今もeneloopを備蓄していたり、時計のような入れっぱなしの使い方をされている方はeneloopの自然放電の実力に感謝してもいいぐらいですね。

いくらeneloopが従来よりも使いやすくなったといっても実は大したことないだろう、なんて思っていませんか?eneloopと従来の充電池は天と地ほどの差があるので具体的な数値の違いを見ていきましょう。eneloopは備蓄用としても使われるため長期間たっても電池残量が減らないようにできています。例えば、eneloopを放置して1年後には90%までしか減りませんし、3年後には80%、5年後でも70%の電池持ちを維持しています。自然放電によって確かに減ってはいますが、70%も残っていればラジオや懐中電灯などの用途に十分使えますよね。ちなみに従来の充電池は、1年後に50%、3年後に0%と備蓄としてはありえないほどの自然放電の影響がありました。0%にもなるわけですから本当に備蓄に向いていなかったのがよくわかりますね。

eneloopを備蓄用に使ったり、長期間放置しても大丈夫になったことで乾電池のような幅広い使い方ができるようになりました。だからこそリピート買いも多く、新しい充電池選びでeneloopを使う人が増えているのです。eneloopはまだまだ進化していて、新しい世代のeneloopを次々と発売しています。リアルタイムで進化を続けるeneloopをあなたも選んでみてはいかがでしょうか?

自然放電の改良でシェアを広げたeneloopのすごさ

自然放電の改良でシェアを広げたeneloopのすごさ

eneloopは2005年に発売されてから充電池のシェアを大きく広げてきた人気の高い充電池です。なぜここまでeneloopは普及していて、今もなお購買率の高さを誇っているのでしょうか?それは従来の充電池が抱えていた自然放電の特性にありました。電池は放置しておくだけでも電池残量が減ってしまう特徴があるのですが、従来の充電池は自然放電の大きさが問題で長期間放置しておくような使い方ができませんでした。eneloopは自然放電を少なくしたために放置しても大丈夫になっているため、充電池の使い方をさらに幅広くしたことで人気が高いのです。

自然放電が少ないとどんなメリットがあるのでしょうか?それは例えばeneloopを災害時の備蓄として保管した場合を想定するとわかりやすいでしょう。eneloopは買ってそのままの状態で充電が完了していますので、買ったらそのまま災害バッグなどに入れておくだけで備蓄ができる充電池です。もしも従来の充電池を充電してeneloopと一緒に置いておくと、数年経った時に従来の充電池では思わぬトラブルに見舞われることでしょう。それは電池残量がゼロになっているという電池として致命的なトラブルです。自然放電によって電池残量が減っていくと早ければ3年で残量がゼロになってしまっていました。eneloopなら自然放電が少ないので3年たっても5年たってもまだまだ使えます。

具体的にどれぐらい違いがあるのかというと、従来の乾電池が1年で50%まで電池残量が減少し、3年後には0%まで減少していたものが、eneloopなら1年後に90%の電池残量、3年後には80%の電池残量、5年たっても70%の電池残量を維持しています。5年たっても7割も電池残量が残っているのですから緊急時に使うことになっても十分使うことができますし、備蓄のために充電し直す手間もほとんど必要なくなっていますよね。eneloopの自然放電の特性の進化によって身近な電気機器でも電池持ちがよくなっていて、長期間の使用が可能になったことでeneloopの人気の高さに繋がったのです。

eneloopの改良は現在進行で進んでいて、数年ごとに新しい世代のeneloopが世に送り出されています。2005年に発売されたeneloopからさらに進化した新型eneloopならもっと電池が長持ちするようになっているということです。eneloopのさらなる発展が期待できそうですね。

eneloopは自然放電が少ないので使いやすい

eneloopは自然放電が少ないので使いやすい

eneloopは使いやすいといった声や、eneloopは便利だという声はネットでもよく見かけるようになりました。しかし、なぜeneloopはこのような声が出るほどに使いやすい充電池として人気が高いのでしょうか?その1つのポイントである自然放電についてここでは説明していきましょう。

自然放電とは電池を使用していない状態でも電池の残量が減っていくことで、自然放電が大きいと使っていなくても電池がすぐに終わってしまうので電池持ちが悪いなどのデメリットがあります。eneloopはこの自然放電が少ないことが充電池としての人気を押し上げた大きな理由の1つです。eneloopのように自然放電が少ない電池は放置しておいても、使いたい時にすぐに使えるというメリットがあります。放置していたら電池が無くなっていて、電池交換をしなければならなかった、電池の充電をし直さなければならなかったという経験はよくありましたよね。eneloopを使うようになるとそのような自然放電によって電池持ちが悪くなるといったことがほとんどなくなりました。

eneloopの自然放電がどれぐらいないのかというと災害時の備蓄として使われるぐらいの少なさを誇ります。災害時の備蓄として向いているのは自然放電が少なく、緊急時に十分な電池容量を確保できる電池ですよね。eneloopは5年たっても75%の電池持ちを確保できているので備蓄用として向いているのです。これまでの充電池では備蓄なんてあり得ない話でした。

具体的に数字を出してみましょう。eneloopは5年たっても75%を維持できています。ちなみに1年後でも90%の電池持ちで3年後になっても80%の容量をそのまま保持します。75%以上残っていれば災害時に使う電力源としては十分ですよね。ラジオなども長時間聞くことができるので情報収集で困るといった心配がなくなります。しかし、従来の充電池ではこのような電池持ちはありませんでした。1年後には50%まで残量が落ち込み、3年後にはゼロです。このような使いにくさを克服したことでeneloopは不動の地位を手に入れたといってもいいでしょう。

自然放電はもっともっと少ないほうがいいですよね。eneloopには実は世代というものがあり、これまで発売されたeneloopが同じように見えても今売られているのは新世代のeneloopです。つまり、年々改良のための開発を怠っていないので自然放電の特性はさらにアップしています。eneloopはこれから先も期待のできる充電池なのです。

自然放電の少ないeneloopの魅力

自然放電の少ないeneloopの魅力

充電池を探しているのであれば実績の高いeneloopの購入をおすすめします。なぜeneloopなのかというと、実際に充電池市場のシェアも高く人気が高いものがeneloopだからです。そのシェアと人気の高さにはどんな秘密があるのか知ることであなたもeneloopの魅力がわかると思いますよ。eneloopの特徴の1つである自然放電についてまとめてみましょう。

自然放電とは電池には避けられない現象で、電池を繋がない状態で放置していても電池残量が減ってしまう現象のことです。この自然放電は長期間にわたって使用を続ける場合には無視のできないほどに大きな影響をみせます。例えば従来の充電池では1年後に50%まで残量を減らしてしまうという結果があります。そのまま放置をして3年後には残量がゼロになります。つまり、自然放電だけで電池の残量をなくなってしまうほど、電池にとっては大きな影響があったのです。

みなさんも乾電池などを使っていて、使わずにいたものを久しぶりに使おうとしたら電池切れになっていたという経験はありませんか?それは全て自然放電による電池の減少の影響です。eneloopは自然放電の影響が少ない特徴があります。eneloopの場合には1年以上放置しても前と変わらず使えるぐらいの自然放電に対する耐性があります。つまり、使いたいと思った時に以前と同じように使えるという当たり前のことをeneloopは数年経ってからも可能にしてくれるのです。

具体的にはeneloopを長期間放置した場合にどれぐらいの残量があるのかというと、1年後でも90%が維持されていてほぼ変わらない状態です。また3年後になっても80%とゼロになるような気配はありません。そして5年後になっても5年前の75%もの電池残量を維持しています。これは災害への備えとしてeneloopを準備しておくといった使い方をも可能にしたことを示しています。そのまま放置して5年後でも75%ですが、例えば1年毎に再充電する機会を作っておけば90%以上の確保が可能ですから、もしもの時にも安心ですよね。

eneloopの進化はこれで終わったわけではありません。発売されてからの長い月日の間にもeneloopは新世代eneloopを生み出してきており、今も改良のための開発が続けられています。このような充電池としての高性能の実績と、これから先の将来への期待を両方兼ね備えた充電池がこのeneloopなのです。

eneloopはなぜ自己放電が少ないのか?

eneloopはなぜ自己放電が少ないのか?

eneloopの特徴の1つに自己放電が少ないことが挙げられます。

自己放電とは電池を使っていない状態にもかかわらず
時間経過によって電池残量が減ってしまう現象です。

自己放電が少ないことで長期間保管したeneloopでも
充電することなくすぐに使用することができます。

5年経過しても70%もの電池残量を残すことができるのは
ニッケル水素充電池の中ではeneloopだけです。

なぜeneloopだけ自己放電を少なくすることができるのでしょうか?

BK-3MCC2_649437

自己放電が起こる理由

自己放電が起きてしまうのはいくつかの原因があることがわかっています。

電池とは回路に組み込むことで化学変化により電気を生じさせるものなのですが
その化学変化が電池内部で勝手に起きてしまうことがあります。
「正極の自己分解」や「窒素化合物によるシャトル効果」
「セパレータへの導電性化合物析出」などがあります。

eneloopが登場する以前のニッケル水素充電池では
これらの現象により2年ほどで電池残量が0%になることもあったのです。

研究によって素材を改良化

eneloopでは素材の組成を改良することで自己分解を防ぐことで
自己放電の影響を限りなく少なくしています。

正極の自己分解に対しては新組成正極活物質、新組成正極添加物
新組成電解液といった特許技術により自己分解を抑制しています。

セパレータへの導電性化合物の析出には超格子合金、新物性セパレータがあります。
コバルトやマンガンといった自己分解を起こす物質を含む素材を使わずに
電池の作用に必要な効果を持つ新たな水素吸蔵合金を使っているのです。

シャトル効果についてもセパレータの改良により抑制効果を高めてあります。

green-recycling-concept

まるで乾電池のように使えるニッケル水素充電池

ニッケル水素充電池は自己放電のために乾電池のような使い方ができませんでした。
保管している間に電池残量がなくなってしまうので
使う前に充電をしなければまともに使うことができないからです。

先ほど挙げたような技術革新によって
ニッケル水素充電池の持つ欠点を克服したことからeneloopは無事に誕生しました。

そして、その大きな進化からニッケル水素充電池の市場を広げていき
世界でも最大のシェアを獲得する流れを作ることができました。

今でも新世代eneloopのための研究開発は続けられていて
ライバルブランドをさらに上回る電池持ちのよさをキープし続けています。

eneloopは全部で何種類のでしょうか?

eneloopは全部で何種類のでしょうか?

eneloopといえば、白いカバーに煌めくような青色のロゴマークが特徴的ですよね。

でも、eneloopブランドには用途に合わせた
普通のeneloopとは少し違うものも用意されているんです。

どんなeneloopがあるのか、全部で何種類あるのか見ていきましょう。

モデル違いのeneloop

eneloopには店頭などの充電池売り場によくならんでいるスタンダードモデルの他にも
お手軽モデルやハイエンドモデルといったものがあります。
これらは充電池としての性能が大きく異なっていて、用途に応じて選んだり
価格の安さを重視したい時などにピッタリのものを選べるようになっています。

eneloop4_3lineup

白いカバーのものはスタンダードモデルでさまざまな用途に使える
オールラウンダーな充電池です。
お手軽モデルはeneloop liteといって、価格を抑えて
繰り返し使える回数をスタンダードモデルよりもさらに増やしてあります。
ハイエンドモデルは電池の消耗の激しい用途などで活躍してくれるeneloopです。
モデルは全部で3種類あります。

電池の大きさによる違い

よく使うことの多い単3型の他にも単4型のeneloopがあります。
小さいので単3型eneloopよりも性能は落ちますが
小型ライトなどで使うこともあるので意外と使う場面は多いかもしれません。

単1型と単2型のeneloopは以前は売られていたのですが
今はラインナップから外されてスペーサーが用意されています。
スペーサーとは単3型の電池を単1型として使えるようにするものです。
eneloopには単3型と単2型の2つの大きさのものがあります。

色違いや柄違いのeneloop

eneloop tonesという色違いeneloopが発売されていました。
中身はスタンダードモデルeneloopと同じでカバーの色が違います。

初代eneloop tonesは1本毎に色の異なるカラフルパックで
eneloop tones glitterはカラフルパックのラメ入りバージョンです。
黒や紫でスタイリッシュな印象のあるeneloop tones uomo(ウォモ)や
ラメで装飾されたピンク系カラーのeneloop tones rouge(ルージュ)がありました。
茶系の配色を揃えたeneloop tones chocolatなんてものも。

eneloop tones uomo

ディズニーとのコラボ商品もいくつか発売されていて
自分だけのeneloopを見つけることも。
残念ながら今は発売が終了してしまったものもありますが
これからの色違い柄違いeneloopに期待したいですね。

eneloopは全部で6種類+いっぱい

eneloopは基本的に6種類ある中から選ぶことができます。
黒がカッコイイからハイエンドモデルの黒eneloopにするといった決め方もいいですし
用途に一番適しているeneloopを探してみて決めれば賢い買い物ができそうです。
そして、eneloop tonesのような特別カラーのものから
自分好みのものを見つけるといった選び方もできます。

eneloop tones rouge

tonesシリーズを知らないとこんなにたくさんあったことに
驚いたという方もいるのではないでしょうか。
これからももっとオシャレなeneloopが出てくると思うとワクワクしてきますよね。