充電池選びで値段を気にするべきでない理由

充電池選びで値段を気にするべきでない理由

充電池選びでなくてもどのブランドの製品を選ぼうかと考える時に
値段の差を気にすることはよくあることですよね。

でも、充電池選びでは値段をあまり気にせずに
ブランドを選ぶべきだと考えます。

!

それは充電池においては性能を重視したほうが
購入するコストを節約を重視するよりもよい場合があるからです。

高くても繰り返し使用回数が多かったらお得

高いからといって損ではないのは繰り返し使用回数に
ブランドごとに差があるためです。

さらにいえば、日本ではeneloopや充電式EVOLTA
IMPULSEやサイクルエナジーが有名な充電池ブランドですが
それらのブランドにそれぞれ異なった性能のモデルが用意されています。

どれだけ高い頻度で再充電を繰り返すかでも
あなたにあった充電池を見つけるヒントになります。

そして、それは値段が安いか高いかでは判別が難しいです。
だから値段を気にせずに性能を比較していくことが大切といえます。

長い期間付き合うからこそ値段の差は気にならない

近年になってめまぐるしい進化を遂げた充電池は
繰り返し回数をみても数年以上使い続けることになることがわかります。
例えば、私が使っているeneloopは5年以上経っても未だに使い続けています。

5年間も使いつづけることができると1000円も500円もそれほど差はありません。

むしろ、性能の差によって利便性で違いがあることの方が重要です。
充電池は後からもっと性能の良い物に交換することはできませんからね。

長く付き合っていけるような性能の高いものを選ぶほうが
気持よく使っていけるのではないでしょうか。

廉価版があって値段で比較するのが難しい

充電池市場ではeneloop lite、充電式EVOLTAeといった廉価版の
安くなったモデルが用意されています。
これには理由があって、繰り返し回数を増やすために
別モデルとして発売する必要があったからです。

eneloop lite

充電池ではその仕組から、安くしようと思えばいくらでも安くできるのです。

しかし、性能は大きく変わってしまいます。
乾電池同様に使いたいのであればeneloopでは
スタンダードモデルを選ぶべきです。

より安いものを選ぶつもりであれば、安いだけの理由を
お手軽モデルとして発売されているものの良さを理解した上で選ぶことが大切です。

充電器が使いまわせないことも覚えておこう

始めて充電器を買う時にはそのブランドの充電器を買うことになると思いますが
基本的に充電器の使い回しは推奨されていません。
(eneloopと充電式EVOLTAの最新世代の充電器は使いまわし可能)

充電器は電池よりもさらに長く使い続けていくものです。
利便性を重視して少し高めのものを選んでおく方が失敗は少ないと思いますよ。
最後に決めるのはみなさんですので、自分に合ったものを見つけてみてください。

充電池よりも乾電池が優れるシーンとは?

充電池よりも乾電池が優れるシーン

充電池を使うメリットをみると乾電池よりもコスト面や利便性でも
充電池の方がより優れているように感じらます。

充電池を使うメリット

  • 1本分あたりのコストが安い
  • いつでも十分な電気を蓄えておける
  • ゴミが少ない
  • 電圧低下が少ない(電池残量で使用感が変わらない)

このような差のある乾電池ですが、それでも乾電池が優れているとは
どのようなシーンのことなのでしょうか。
(ここではアルカリ乾電池について書いていきます。)

自然放電が少ない(自然放電の少ないeneloopよりさらに少ない)

自然放電が少ないことは使う頻度の少ないシーンで
より電池が長持ちするということを意味しています。
例えば、災害時用の備蓄として電池を保存するのであれば
自然放電の少ないアルカリ乾電池を選ぶ方がより長い期間備蓄することができます。

充電できないシーンでの使用

災害時ではコンセントから安定した電力を得られないかもしれません。
そうであれば、充電池の持つ最大のメリットである再利用ができませんから
乾電池のほうがより優位になります。
充電できないことを想定するなら、乾電池を大量に用意する方がいいでしょう。

低電流であれば電池持ちが充電池よりも高い

アルカリ乾電池にはeneloopのようなmin 1900mAhのような表記がありません。
それは電流量によって電池持ちが大きく変わる特性があるためです。

低電流では2800mAh相当にもなりますが、高電流では1000mAh相当にもなります。
低電流で電池が消費される機器ならアルカリ乾電池を選ぶほうが長持ちします。
より電池持ちを重視したいシーンではアルカリ乾電池を選ぶメリットがあります。

例えば、リモコンや時計などが低電流の機器です。
懐中電灯など熱を持つような機器には乾電池は向いていません。

使い捨てなので故障しやすいシーンでも気軽に使える

乾電池は使い捨てですので、万が一壊してしまっても特に問題ありません。

例えば、子供に使わせるととんでもない使い方をされることもあるので
壊されることを想定して電池を選ぶ方もいるようです。
電気工作などをする場合でも、ショートを起こして電池を破壊することがあります。

壊してしまっても気軽に買い直せることは乾電池の大きなメリットです。

まとめ

このように乾電池を使うことも時には良い選択となることもあるんです。
利用シーンに応じて使い分けもしていけば、より賢く電池と付き合っていけるでしょう。

eneloopで大満足というあなたも、たまには乾電池のことを思い出してあげてください。

メモリー効果は充電池だけじゃない

eneloopもメモリー効果で電池持ちが悪くなるの?

eneloopではメモリー効果によって電池持ちが悪くなることはほとんどありません。
それまでニッケル水素充電池が抱えていた問題の多くを解決するために
eneloopの開発が進められてきたからです。

継ぎ足し充電をすることの多い方の場合には電池をリフレッシュをするための
手間暇をかけなければなりませんでしたがeneloopではリフレッシュは必要がありません。

現在発売されている充電器からもリフレッシュ機能は省かれました。
それだけ、メモリー効果による影響がほとんどなかったからです。

メモリー効果についてはココをチェック

そもそもメモリー効果について知らないかたはeneloopのサイトで
eneloopの特徴について解説しているページがあるのでチェックしてみてください。

eneloopmemory
エネループってどんな電池?

現在ではさらにパワーアップした新世代のeneloopが発売されていますが
大まかな特徴については全て引き継がれています。
eneloopのエネルーピーというカワイイキャラクターが教えてくれるので
楽しみながらeneloopの特徴を知ることのできるサイトです。

メモリー効果は充電池だけじゃない

メモリー効果が起こるのは充電池だけではありません。
ニッケル水素充電池以外にもニッケル・カドミウム蓄電池などで
メモリー効果による影響で性能が大きく下がることが確認されています。

例えば、持ち運びが可能なコードレス機器などでは
バッテリーでメモリー効果が起きるかもしれません。

電池がすぐになくなって故障したように感じた時には
一度リフレッシュしてみると治るかもしれませんよ。
スイッチを入れ続けて電池がなくなるまで待ちましょう。

それから再び充電をした時に電池持ちがよくなっていたら
メモリー効果の影響だということがわかります。

スマホのバッテリーとメモリー効果

みなさんにとって最も身近なバッテリーといえば
スマホや携帯電話で使われているバッテリーでしょう。

スマホのバッテリーはメモリー効果がほとんどないそうです。
リチウムイオン二次電池なので影響が小さいのです。

なので、無理に最後まで使うといった必要がありません。
スマホやケータイなら安心して継ぎ足し充電ができます。

充電池(バッテリー)におけるメモリー効果の影響

充電池(バッテリー)におけるメモリー効果の影響

メモリー効果の影響は充電池だけでなく、バッテリーの使われている
持ち運び可能な機器などでも同様に影響があるものです。
例えば、コードレス掃除機も電池を蓄えている部分は
メモリー効果のあるバッテリーが使われているかもしれません。
電気シェーバーや電動バリカンなど身近なところに
メモリー効果の起きやすいものはたくさんあるのです。

そもそもメモリー効果とは何?

メモリー効果とは電池やバッテリーに電気が残っている状態で
再充電を行うことを繰り返すと電池持ちが悪くなる効果のことです。
バッテリーの種類にもよりますが、メモリー効果の影響は
使用上問題が発生するほど大きい場合もあります。
電気が残っている状態で再充電することを継ぎ足し充電といい
知っている人であれば、この継ぎ足し充電をなるべくしないような
工夫をして使うようにしているようですね。

電池持ちが悪くなったら、最後まで使いきってみよう

メモリー効果によるダメージを受けたバッテリーを元に戻すには
充電してある電気を最後まで使うことでリフレッシュすることができます。
eneloopのような電池であれば、リフレッシュを行うための機器があるのですが
バッテリー搭載製品ではその機器のスイッチを入れ続けることが
唯一のリフレッシュの手段となるでしょう。
もしくは、リフレッシュをしたい時には次に使うまでに
充電を行わないようにしてバッテリーを空にする機会を作りましょう。

メモリー効果を防ぐ使い方で気をつけたいこと

メモリー効果を防ぐためにはなるべく最後まで使うことが
大切だということがわかりました。
しかし、最後まで使う際に気を付けておきたいことがあります。
それは過放電によるバッテリーの損傷です。
過放電とはバッテリーが空の状態で、さらに電流を流そうとすることです。
つまり、空にするのはほどほどにしておいて
使い過ぎないように注意することもバッテリーを長持ちさせるためには大切です。

eneloopにおけるメモリー効果

eneloopではメモリー効果の影響をほとんど受けないように工夫がされています。
そのため、メモリー効果があることに気付かないこともあります。
(実際、メモリー効果が起きるような状況での使用を続けても悪影響はほぼゼロ。)
そういう意味では、他の持ち歩き可能な機器よりも
メモリー効果について気にすることなく使えるのがeneloopの特徴です。
電池やバッテリーでよく起こるメモリー効果についてみなさんも
気をつけながら使ってみてください。

デザインで充電池を選ぶメリット

充電池を選ぶならデザインも大切?

みなさんは何かを買う時にデザインで選んだことはありませんか?
デザインが違うだけで持っているだけでも気分がよかったり
使い心地もなんだか違うように感じますよね。

充電池においてもデザインの違いは単なる見た目の違い以上の
影響を私たちに与えてくれます。
充電池をデザインで選ぶメリットについて考えていきましょう。

電池の種類を見分けられるデザイン

同じ電池でも2次電池と1次電池では使い方がまるで違います。
そして、それを見分けられるデザインであることは充電池選びでは重要です。
eneloopなどの充電池は2次電池といって
充電をすることで何度も使うことができます。

しかし、乾電池は1次電池ですから一度使ったら捨てなければなりません。
この使い終わった電池の扱いの違いがあるので
充電池とひと目でわかるようなデザインが求められるのです。

何年も付き合うからこそデザインも重要

eneloopのように繰り返しで約2100回も使えるような充電池では
何年も使い続けることになります。

ところで、電池は普通フタで隠されて使っている間は見ることのないものですよね。
ですから「使っている間に見ないのならデザイン(見た目)で選ぶ必要はない」
このように考える人もいます。

しかし、充電池は充電をしたりカバンに入れて持ち歩くなどして
目に触れる機会が乾電池よりもはるかに多いです。
何年も使い続けて何度も目にするからこそ
デザインのよさは充電池選びで吟味する必要があるでしょう。

捨てる瞬間までデザインと付き合うということ

わたしたちが充電池を買った瞬間に
その充電池を捨てるまでそのデザインと付き合うことを決めたことになります。
今の充電池はeneloop以外を含めても繰り返し使用回数が
格段に進歩してきました。

つまり、どれを選ぶとしてもかなり長い期間使い続けることになるでしょう。
そして、一度決めたら電池のデザインを途中から変更することはできません。
気に入ったデザインの充電池を選んでおけば後悔することはありませんから
その時の最高の電池をデザインも含め選んでおいた方がいいのです。

きっと最後の最後まで満足感を持って使い続けることができるでしょう。

充電池は見た目で楽しむもの

充電する時に何気なくクルクルと回してeneloopロゴを表にしていることがあります。
オシャレなデザインだと何気ないシーンでもそれを楽しんでしまうものです。

あなたにとって素晴らしいデザインの充電池を探してみてください。
最後まで大切に使いたくなるようなものが見つかるといいですね。

eneloopを安全に使うために気をつけたいこと

eneloopを安全に使うために気をつけたいこと

eneloopなどの充電池を使う上で気をつけたいポイントをおさらいしましょう。
意外と知らないことがあるかもしれません。

中には爆発事故を引き起こす原因となる使用法もあるので
自分の使い方に問題はないかぜひチェックしてみてください。

eneloop_danger

防水機器にはeneloopを使用しない

水中ライトやシェーバーなどの防水機器にeneloopを使用しないようにしましょう。
Panasonicの公式FAQでもこのような回答があります。

水中ライトでは使用しないでください。エネループシリーズなどの当社ニッケル水素電池を水中ライトなどの密閉構造の機器でのご使用にならないでください。当社ニッケル水素電池には、異常使用時に、電池内部のガス圧力が上昇しないようにガス排出機能を設けています。通常のご使用では、ガス排出機能が働くことはありませんが、過放電やショートなどで、電池内部のガス圧力が上昇すると、そのガスを電池の外へ自動的に放出します。この放出されるガスには水素ガスを含んでおり、密閉構造の機器では、水素ガスが拡散しないために、なんらかの着火源(火花、スパークなど)があると、破裂・発火の恐れがあります。
eneloopよくあるご質問

  • 水中ライトでは使用しない
  • 放出されるガスには水素ガスを含んで
  • 密閉構造の機器では、水素ガスが拡散しないために
  • 破裂・発火の恐れ

このあたりがポイントですね。

eneloopは使用時にガスを発生させるため
密閉状態になる防水機能のある機器では
使用するべきではないでしょう。

これはニッケル水素充電池特有の問題です。
eneloop以外でもニッケル水素充電池にあたる電池では
防水機能のある機器で使用をするべきではありません。

火の近くでeneloopを使わない

防水機器の話でeneloopからガスが発生していることを
紹介しましたが、このガスは水素ガスで可燃性があります。

ストーブの着火やガスコンロの着火で使う電池には
eneloopを使用しないようにしましょう。

カバンなどで運ぶ時にはケースに入れる

カバンやポケットの中に鍵や硬貨がある場合には
ショートを起こして発熱や破裂などを起こす場合があります。

eneloop_danger2

注意書きをよく読むとこのような記述があります。

電池をショートさせると液漏れ・発熱・破裂の恐れがあります。
ネックレスやキーチェーン、ヘアピン、コインなど金属物と一緒に
ポケットやバッグに入れないでください。
使わない時や持ち運びの際は、エネループパッケージなど
樹脂製のケースに入れてください。

電池のキャリングケースは300円程度で購入できます。
eneloopのパックによっては購入時のケースに
そのまま入れて使うこともできるみたいですよ。

充電池が寿命を迎えるとどうなるのか?

eneloopが寿命を迎えるとどうなるのか?

ニッケル水素充電池にはいつか使えなくなる瞬間がやってきます。
それは電池としての役目を果たした証ともいえるでしょう。

ここで疑問になるのが、どんな状態になると寿命切れといえるのか。
eneloopが使えない状態とはどんな状態のことなのか、ということです。

寿命を迎えた充電池のことについてまとめてみました。

trouble

電池持ちが極端に悪くなる

ニッケル水素充電池が寿命を迎えた時には
電池容量が極端に落ち込んでしまうことがよく聞かれます。

例えば、充電完了状態から30秒ほど使うだけで
すぐに電池切れを起こしてしまうことなどです。

これは電池の劣化により、電池容量が落ち込んだことで起こる
電池持ちの極度の悪化です。
こうなってしまうと多くの場合、元の状態には戻せなくなり
電池を新しいものに置き換えるしかありません。

充電ができない

電池持ちの悪さと関連していますが
電池を十分に使い切っているのにもかかわらず
充電がすぐに終わってしまうなら、寿命と考えられます。
これもはやり元に戻すような方法はありません。

充電ができない(過放電)

ニッケル水素充電池は過放電により
充電が行えなくなることが知られています。

過放電は電池の使いすぎを防ぐことができるので
電池の故障を回避するのは容易です。

ただし、一度このようになってしまうと
eneloopのような安全装置のある充電器では復帰させることができません。

安全装置のない充電器で充電することで
過放電による故障から復帰させることができることもあるとか。

充電池として使えなくなったことが寿命のサイン

このようにニッケル水素充電池は使えなくなると
電池持ちが悪くなって充電できなくなり電池として使えなくなります。

もしも、寿命切れの可能性のある症状に出会った場合には
どの電池がダメになっているのか、それとも全てダメなのか調べてみましょう。
1本のeneloopがダメでも他はまだ使えることがあるからです。

goodhand

寿命切れを防ぐためには電池に無理をさせないこと

過放電もそうですが、電池に負荷をかけるような使用は
電池の寿命を短く原因になります。

電池切れを起こした電池をさらに使う過放電や
使いきらずに充電をする継ぎ足し充電や
電池が熱を持つような状態での使用は避けるようにしましょう。
自分でできる範囲で大丈夫です。

繰り返し使用回数の多さが魅力のeneloopも
より大切に使っていくことでより多くの回数で活躍してくれます。

eneloopで電池生活をもっとエコに

eneloopで電池生活をもっとエコに

乾電池を資源ゴミとして回収している自治体は多いですよね。
乾電池に使われている鉄や亜鉛などは私たちに欠かせない大切な資源です。

リサイクルを積極的に行うことは重要なことです。
そしてさらにエコロジーに資源を活用するためには
2次電池のようなリサイクルを行うことない製品も重要です。

何度も利用できるよりエコな電池について考えてみました。

green-recycling-concept

リサイクルをするのも大変

リサイクルをするためにもエネルギーは必要になることを忘れていませんか?

リサイクルを行う中では資源として
再び使えるようにするための処理が必要です。
乾電池の鉄や亜鉛も電池の原型を保ったままでは使えませんから
製鉄所などで溶かしてから、また新たな製品に生まれ変わるのです。

これらのリサイクルに必要なエネルギーのことを考えると
リサイクルをすることに大変なコストがかかっていることがわかります。

ニッケル水素充電池はリサイクル不要

eneloopなどのニッケル水素充電池では
再び充電することで同様に使うことができますから
リサイクルのためのコストを減らすことができます。
よりエコロジーな方法で電池を使う生活を続けられるのです。

リサイクル不要であることがニッケル水素充電池の大きな利点。
しかも、その繰り返し使用できる回数をより増やしたeneloopは
その中でも特にエコな製品なのです。

エコということはおサイフにも優しい

eneloopはエコなだけでなくおサイフにも優しくできています。
再利用に必要になるのは充電するための電気代ですが
必要になる電気代は1本あたり0.13円です。

1000本分使っても130円でジュース1本程度と考えると
eneloopがどれだけおサイフに優しいかわかりやすいです。
充電池生活に慣れると乾電池がとても高く感じてしまうほどです。

eco

使えなくなったらリサイクル

2次電池のニッケル水素充電池も使えなくなったらリサイクルできます。
つまり最後の最後までエコロジーな電池なのです。
eneloopなどの充電池を回収しているボックスは
量販店などにあるそうですよ。

私の近所の電器店にも回収ボックスが用意されていました。
使い終わった充電池も乾電池同様に中身の資源を分別して
新たな製品に生まれ変わっていくのでしょう。

社会にもあなたにも嬉しい電池

ニッケル水素充電池はこのようにエコな製品として
社会にも資源の有効活用としてのメリットがあり
利用者自身にも金銭的なメリットのあるものなのです。

ちょっと高いなぁと思っても、何度も使うことで
すぐに元は取れるのがすごいところです。

もしも、一度も充電池を使ったことがないのであれば
充電池を使ってもっとエコな生活を送ってみるのも
いいと思いますよ。

パナループ(Panaloop)という名称について

パナループ(Panaloop)という名称について

パナループという名称の発祥としてはPanasonic版eneloopから
pana + loop でパナループという造語が生まれました。
eneloopブランドの生産をPanasonicが行うようになって
それから発売された新世代eneloopのことかと思いきや
実は以前から使われていた言葉だったりします。

Panasonicと三洋電機が別々だったころのパナループ

パナループという言葉が最初に使われたのは
Panasonicに三洋電機が合併する以前です。

旧来型のニッケル水素充電池を大きく進化させた
eneloopがシェアを大きく獲得した頃に
Panasonicがeneloopと同等のHHR-3MPSを発売しました。
同じニッケル水素充電池ということもあり、性能も似通っていたので
Panasonic版のeneloopという認識をされていたみたいですね。

パナループ、緑パナと呼ばれたニッケル水素充電池

三洋電機のニッケル水素充電池には
eneloopというブランド名があったのに対し
Panasonicのニッケル水素充電池にはブランド名がありませんでした。
そこで見た目が緑だったことから「緑パナ」や
eneloopの類似品として「パナループ」などと俗称があります。

ちなみに、このパナループは充電式EVOLTAの前身とされています。
企業買収によってPanasonicが両ブランドを持つ今となっても
充電式EVOLTAとeneloopは似ている部分が多いのは
このような競合製品として争った過去も関係しているのでしょう。

近年呼ばれるパナループは別物

eneloopのデザイン変更によって
Panasonicがeneloopを生産するようになりました。
それからというものパナループ(Panaloop)
と呼ばれているのをネット上では見かけます。

元々eneloopロゴが大きく印刷されていたeneloopのデザインを
Panasonicロゴを前面に出したデザインに変更したことがあります。
それが俗称が付くきっかけになりました。

Twitterなどでパナループという言葉を見かけることがあるとすれば
第4世代以降のeneloopのことを指していると考えていいでしょう。

パナループはデザインがかなり不評

デザインの変更でパナループと呼ばれるようになりましたが
わざわざパナループと呼ぶのはデザインが不評だったことが大きな要因です。
デザインが不評なのにはいくつか理由があります。

  • ロゴがeneloopからPanasonicに変更
  • eneloopブランドなのにeneloopの文字が小さい
  • 充電器などでもPanasonicロゴが大きく表示

eneloopの旧デザインと新デザイン

三洋電機時代から企業ロゴが入らず
eneloopで統一されていたのeneloopユーザーがたくさんいます。
パナループが不評になっているのは以前のデザインとは大きく変わり
逆にeneloopロゴを小さくして目立たなくしてしまうやり方でしょう。

そんなこともあってかパナループという言葉は
あまり好意的な使い方はされていませんね。