自然放電が少ないeneloop

eneloopは自然放電が少ない

eneloop 第4世代eneloop
eneloopは自然放電が少ない特性があります。
5年後でもすぐに使えるほどの性能の高さというから驚きですね。

自然放電とは充電した電池容量が放置しておくだけで
自然に放電されてしまう減少のことです。

例えば、1年ほど使わなかった電気機器の電池が
空っぽになっていて使えなくなっていたことはありませんか?

乾電池や従来の充電池は自然放電が高いので
このように使いたい時に使えないといったトラブルが起きることがあります。

eneloopは自然放電を少なく改良してあるので
5年放置してもすぐに使えるのが特徴です。

他の充電池との比較

例えば、従来の充電池では5年後になっても
電池容量がそのまま残っているということはありえませんでした。

1年後には元の50%まで落ち込み、3年後には0%までなくなってしまうほど
自然放電の影響は大きかったのです。

近年になって充電池の改良が進んできており
1年後70%~80%ほどのパワー残存率のある充電池は増えてきました。

その中でもダントツで自然放電への耐性が高いのがeneloopです。
新型のeneloopでは1年後でも90%のパワー残存率と
他の競合製品よりもかなり高いことがわかります。

5年後でも70%残っているテスト結果が出ていますので
使用するのに困ることはないでしょう。

パワー残存率が高いことのメリット

eneloopのパワー残存率の高さのおかげで
災害用の備蓄品として充電池を使うことも現実的になっています。

使いたい時にすぐに使えるので普段使わない備蓄品として
最も重要になるであろう災害時のために保存することができるのです。

なお、5年後に70%の残存率になるのは充電を一切行わなかった場合ですから
1年毎に継ぎ足し充電をするなどして常に90%以上を確保することもできます。

定格容量も充電池の中ではトップクラスですから
ペンライトなどの消費電力の大きい機器でも長時間使えます。
4本入りの1パックを持っておくだけでも様々な用途で役に立つでしょう。

使用頻度の低い機器でeneloopを使う

普段使うためにも自然放電の少ないことはメリットがあります。

私はカメラの電池としてeneloopを使っていますが
めったに使わないカメラでも充電の手間もなくいつでも使えるので重宝しています。

新世代eneloopの発売でさらに性能がアップしているので
そろそろ買い換えてみるのも良さそうですね。

さまざまな用途で使えるだけのポテンシャルがあるので
他の機器に使いまわせるのもeneloopの嬉しいところです。

こんな時はeneloopを使いたい

使いたい時にすぐに使える充電池が欲しい時や
使用頻度の低い機器で充電池を使おうと思っている時には
最も自然放電の少ないeneloopを使うのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>