無線マウスに充電池を使う時に便利なアイディア

無線マウスにeneloopを使う時に便利なアイディア

私はeneloopを購入した当初から無線マウスに活用してきた。
これを読むみなさんの中にもワイヤレスマウスなど
身近な道具に使う方は大勢いることだろう。
そんな無線マウスと縁の深いeneloopをさらに便利に使うための
アイディアをここでいくつか紹介していきたいと思う。

電池が重い?・・・なら、アレを使って軽くしよう

充電池は容量ギリギリまで詰め込んであるためか
普通の乾電池よりも重くなっている。
10g程度の差でも無線マウスのように手元で細かな動作を行う道具では
その重さが使い心地に大きく影響してくる。

もしも、マウスが重すぎて使いにくいと感じた時には
スペーサーを使ってマウスを軽くしてみよう。
単4型のeneloopに単3型スペーサーを使って無線マウスに使うのだ。
こうすることで重さを自分好みに変更できる。

もっと細かくマウスの重量を自分好みにしたいなら

マウスは軽ければいいという訳ではない。
重いほうが操作に安定感が増し使いやすくなることもある。
ちょっと高額なマウスであれば、ウエイトをマウスに入れるなどして
より使い心地の良い重さにすることもできるが
電池式の無線マウスなら電池の重さを変えることで同様のことができる。

eneloopの重さ

eneloopにはスタンダードモデルのほか、お手軽モデルのeneloop liteや
ハイエンドモデルのeneloop proがある。
これらの違いは性能だけでなく、電池の重量も違う。
それを利用してマウスの重さを自分好みにしてみよう。
マウスのように電池交換の機会が少ない(数ヶ月ペースで充電)ものであれば
eneloop proの約500回と少ない繰り返し回数も問題ない。

予備の電池を用意しておく

マウスが急に使えなくなってしまうのは問題だ。
そんな時に慌てない方法は予備の電池を用意しておくこと。
eneloopならeneloopを用意するように、同じ電池を予備にするのが
ベストだが再充電が終わるまで使えればいいのであれば乾電池でもかまわない。

充電池にかけるコストを減らしたいのであれば
乾電池やeneloop liteなどより安価な充電池を選ぶといいだろう。
ここで乾電池を挙げたのは自然放電が少なく(eneloopよりもさらに少ない)
使わずに常備する電池として最もふさわしいからだ。

予備を用意するとカバンが重くなるので、カバンを軽くしたいなら
スペーサーを使って軽くしておくといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です