急速充電の方が安全?

急速充電の方が安全?

eneloopの充電器には通常充電を行うものと
急速充電の行えるもの、さらに3倍速充電が行えるものがあります。

私の場合、急速という言葉から
「もしかして電池に無理をさせて急いで充電しているのでは?」
なんて思っていて、通常充電より急速充電はよくないものと勘違いしていました。

しかし、実際は急速充電器の方がeneloopにとって安全にできているようです。

eneloop_danger

急速充電器にはスイッチング電源がある

急速充電の方が安全だとされる理由にスイッチング電源の有無があります。

スイッチング電源とは過電流や過電圧を防止するもので
なんらかの異常が起きた場合でも電池に高い負荷を与えないように
保護をしてくれる役割があります。

急速充電器は高い電流によって充電を行うものの
スイッチング電源のおかげで安全性についてはより高くなっているのです。

通常充電だからといってスイッチング電源が省かれているとは限りませんが
安い機種では充電の制御を行わずにタイマー式で行うものがあります。

急速充電では発熱あり

安全に充電を行う仕組みが備わっているとはいえ
急速充電の方が電池に対して高い電圧をかけるので負荷が大きのは事実です。

急速充電を行ったほうが電池の発熱が大きいので
充電直後のeneloopが熱かったりしますね。
発熱についてはeneloop公式サイト上でも取り上げられていて
触ると熱い程度まで温度が上がることもあるようです。

Q 充電中、電池が熱くなるけど大丈夫?
A 充電中は手で触って熱い(55℃前後)と感じる程度まで発熱する場合がありますが、異常ではありません。充電終了後は、電池の安定化のために10~20分程度放置して温度が下がってからご使用ください。

夏場には室温の高いところで充電するのは避けたほうがよさそうです。

充電器選びで迷ったら急速充電タイプを選んでおこう

これからeneloopを買ってみるという方や追加で充電器を買うことを考えていて
より安全性の高い充電器にしたいのであれば
急速充電器を買っておけば間違いありません。

charger

急速充電のできるタイプは充電器のラインナップを見てわかるように
「充電制御」や「クイック自動診断機能」「スマートチャージ機能」など
ひと通り機能の揃っている上位機種になります。

なので、急速充電のできるものから選んでおけば大丈夫ですね。
急速充電には2本充電タイプ(BQ-CC23)と4本充電タイプ(BQ-CC21)
そして4本充電+エコ機能タイプ(BQ-CC11)がありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>