充電池よりも乾電池が優れるシーンとは?

充電池よりも乾電池が優れるシーン

充電池を使うメリットをみると乾電池よりもコスト面や利便性でも
充電池の方がより優れているように感じらます。

充電池を使うメリット

  • 1本分あたりのコストが安い
  • いつでも十分な電気を蓄えておける
  • ゴミが少ない
  • 電圧低下が少ない(電池残量で使用感が変わらない)

このような差のある乾電池ですが、それでも乾電池が優れているとは
どのようなシーンのことなのでしょうか。
(ここではアルカリ乾電池について書いていきます。)

自然放電が少ない(自然放電の少ないeneloopよりさらに少ない)

自然放電が少ないことは使う頻度の少ないシーンで
より電池が長持ちするということを意味しています。
例えば、災害時用の備蓄として電池を保存するのであれば
自然放電の少ないアルカリ乾電池を選ぶ方がより長い期間備蓄することができます。

充電できないシーンでの使用

災害時ではコンセントから安定した電力を得られないかもしれません。
そうであれば、充電池の持つ最大のメリットである再利用ができませんから
乾電池のほうがより優位になります。
充電できないことを想定するなら、乾電池を大量に用意する方がいいでしょう。

低電流であれば電池持ちが充電池よりも高い

アルカリ乾電池にはeneloopのようなmin 1900mAhのような表記がありません。
それは電流量によって電池持ちが大きく変わる特性があるためです。

低電流では2800mAh相当にもなりますが、高電流では1000mAh相当にもなります。
低電流で電池が消費される機器ならアルカリ乾電池を選ぶほうが長持ちします。
より電池持ちを重視したいシーンではアルカリ乾電池を選ぶメリットがあります。

例えば、リモコンや時計などが低電流の機器です。
懐中電灯など熱を持つような機器には乾電池は向いていません。

使い捨てなので故障しやすいシーンでも気軽に使える

乾電池は使い捨てですので、万が一壊してしまっても特に問題ありません。

例えば、子供に使わせるととんでもない使い方をされることもあるので
壊されることを想定して電池を選ぶ方もいるようです。
電気工作などをする場合でも、ショートを起こして電池を破壊することがあります。

壊してしまっても気軽に買い直せることは乾電池の大きなメリットです。

まとめ

このように乾電池を使うことも時には良い選択となることもあるんです。
利用シーンに応じて使い分けもしていけば、より賢く電池と付き合っていけるでしょう。

eneloopで大満足というあなたも、たまには乾電池のことを思い出してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です