充電池が寿命を迎えるとどうなるのか?

eneloopが寿命を迎えるとどうなるのか?

ニッケル水素充電池にはいつか使えなくなる瞬間がやってきます。
それは電池としての役目を果たした証ともいえるでしょう。

ここで疑問になるのが、どんな状態になると寿命切れといえるのか。
eneloopが使えない状態とはどんな状態のことなのか、ということです。

寿命を迎えた充電池のことについてまとめてみました。

trouble

電池持ちが極端に悪くなる

ニッケル水素充電池が寿命を迎えた時には
電池容量が極端に落ち込んでしまうことがよく聞かれます。

例えば、充電完了状態から30秒ほど使うだけで
すぐに電池切れを起こしてしまうことなどです。

これは電池の劣化により、電池容量が落ち込んだことで起こる
電池持ちの極度の悪化です。
こうなってしまうと多くの場合、元の状態には戻せなくなり
電池を新しいものに置き換えるしかありません。

充電ができない

電池持ちの悪さと関連していますが
電池を十分に使い切っているのにもかかわらず
充電がすぐに終わってしまうなら、寿命と考えられます。
これもはやり元に戻すような方法はありません。

充電ができない(過放電)

ニッケル水素充電池は過放電により
充電が行えなくなることが知られています。

過放電は電池の使いすぎを防ぐことができるので
電池の故障を回避するのは容易です。

ただし、一度このようになってしまうと
eneloopのような安全装置のある充電器では復帰させることができません。

安全装置のない充電器で充電することで
過放電による故障から復帰させることができることもあるとか。

充電池として使えなくなったことが寿命のサイン

このようにニッケル水素充電池は使えなくなると
電池持ちが悪くなって充電できなくなり電池として使えなくなります。

もしも、寿命切れの可能性のある症状に出会った場合には
どの電池がダメになっているのか、それとも全てダメなのか調べてみましょう。
1本のeneloopがダメでも他はまだ使えることがあるからです。

goodhand

寿命切れを防ぐためには電池に無理をさせないこと

過放電もそうですが、電池に負荷をかけるような使用は
電池の寿命を短く原因になります。

電池切れを起こした電池をさらに使う過放電や
使いきらずに充電をする継ぎ足し充電や
電池が熱を持つような状態での使用は避けるようにしましょう。
自分でできる範囲で大丈夫です。

繰り返し使用回数の多さが魅力のeneloopも
より大切に使っていくことでより多くの回数で活躍してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です