充電した後のeneloopが熱い?

充電した後のeneloopが熱い?

eneloopを充電していると発熱して熱くなることがあります。
ヤケドする程ではないものの持ち続けるのが大変なぐらい
熱くなっていて心配になったことはありませんか?

eneloopの温度が55℃に達することもあるそうです。
なぜeneloopがこんなに熱くなるのか、故障ではないのか。

そんなeneloopが熱くなる現象についての
疑問に答えていきたいと思います。

eneloop_hot

充電をして熱くなるのはなぜなのか?

なぜeneloopは熱くなってしまうのでしょうか?

それは充電をすることで大量の電流が流れているためです。
eneloopの充電器には急速充電機能があります。
いつも充電が5時間以内に終わるようであればあなたの充電器は
急速充電でeneloopを充電していることになります。
通常よりも早く充電を終えるためには
さらに多くの電流が必要になります。

つまり、eneloopの限界ギリギリまで電流量を増やしていることで
充電中のeneloopが驚くぐらいに発熱して熱くなっているのです。

ただし、これは急速充電による仕様で動作としては正常です。

K-KJ21MCC40

充電で熱くなるのは正常動作

eneloopの場合ですが、充電によって熱くなることは
発売元のPanasonicも承知の上で正常動作となります。

発熱は防げないものの劣化するほどではないと思われます。
公式サイトの質問ページでも、このeneloopの発熱に対する
回答が載せられています。

Q:充電中電池が熱くなるけど大丈夫?
A:充電中は手で触って熱い(55℃前後)と感じる程度まで発熱する場合がありますが、異常ではありません。充電終了後は、電池の安定化のために10分~20分程度放置して温度が下がってからご使用ください。

充電完了直後は熱いのでしばらく放置する方がいいみたいですね。
eneloopの充電器はそのままにしておけば自動で充電が止まるので
時間に余裕をもって充電しておくだけで大丈夫です。

異常があれば使用をやめましょう

eneloopの発熱が起こるのは充電の時です。
充電中以外での発熱があった場合には異常による発熱かもしれません。

ショートなどによる発熱の場合には破裂や液漏れといった異常が見られるそうです。
eneloopの様子を観察して異常があれば使用するのはやめておきましょう。

これからは熱くなっても安心して使えますね

発熱が問題ないとわかれば安心してeneloopを使えますね。

充電中にはeneloopが熱くなってしまうことは仕方のないことですから
もしもそんなeneloopを見つけたら、しばらく休ませて温度を下げてあげてください。

coolpic

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です