マンガン乾電池の存在意義について

マンガン乾電池の存在意義について

マンガン乾電池という名称は誰でも知っていると思います。
でも、あまり使うことのない電池なのではないでしょうか?

私の場合ですが、マンガン乾電池をあえて購入することは全くなく
電気製品に付属されたものを使う程度です。
電池を使う時はeneloopやアルカリ乾電池で済ませています。

そんな出番のないマンガン乾電池について考えてみました。

マンガン乾電池を使うメリット

マンガン乾電池が使われるのはアルカリ乾電池よりも安価だからです。
(といっても現在店頭で売られている値段はアルカリ乾電池と同じだったりしますが・・・)
より低コストで作ることができるので付属の電池として使われやすいのでしょう。

歴史的にはポピュラーな電池の1つで、アルカリ乾電池の次によく使われる乾電池です。
三洋電機でこのような紹介をされていました。

歴史が古く、ポピュラーで安価な電池。赤と黒の2種類があり、休ませると回復する性質があるので、かい中電灯などのように時々使うもの、短時間くり返し使うものにおすすめ。黒の方が電池容量が多く、長持ちするんだ。

休ませると回復する性質というのはアルカリ乾電池にはない特徴ですね。
懐中電灯のように使わない時間が多い使用ではその回復力が活かされて
マンガン乾電池は長持ちしやすくなるそうです。

マンガン乾電池を使うとしたら

リモコン、時計、懐中電灯、玩具、ガスコンロなどがマンガン乾電池に
向いている使用機器になります。
消費電力が少ない時計や、使用電力が大きく使う時間が短いライトであれば
マンガン乾電池に使うのに適しています。

逆にある程度消費電力があり長時間使い続けるような用途では
アルカリ乾電池がより優れています。

先ほど挙げた機器ですが、アルカリ乾電池とマンガン乾電池で
どちらを使うべきかと考えた時にマンガン乾電池が優れているというわけではありません。
アルカリ乾電池があることを考えれば、マンガン乾電池は
限られた用途でしか使用できない電池ということになります。

マンガン乾電池は液漏れしにくい(かもしれない)

マンガン乾電池は電池の仕組みによって、過放電による
外装の損傷が起きることのある電池なのだそうです。

日本で発売されているものであれば、液漏れを配慮した素材を
使っているようですが、海外製では液漏れを防止するような仕組みがないことも。

私の家にある付属品のマンガン乾電池を調べてみましたが
中国製で中国語表記のマンガン乾電池でしたので危ないのかもしれません。

安ければ利用価値あり

製造コストが低いということで安く手に入れられるなら
これからも使用することはあるかもしれません。
ただ、マンガン乾電池の長所と短所を理解していないと
真価を発揮するような使い方は難しいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です