ニッケル水素充電池

ニッケル水素充電池

ニッケル水素充電池とは二次電池の1つ。
アルカリ乾電池などの一次電池の代替として普及している。

オレンジ色のリサイクルマークが電池に印刷されている。
水酸化ニッケル、水素吸蔵合金、水酸化ナトリウムなどから構成される。

recycle_ni-mh

特徴

二次電池の中でもニッケル水素充電池にはいくつか特徴がある。

  • 充電することで繰り返し使える
  • 容量密度が比較的高い
  • メモリー効果の影響を受けやすい
  • 自己放電が多い
  • 密閉状態では使用不可
  • 過放電による故障がある

ニッケル水素充電池は今では様々な機器に使われるようになった。
ニッケル水素充電池は一定の電圧を保つことに長けているため
デジカメやパソコンなどの一定の電圧を必要とする機器に向いている。
内部バッテリーとしてニッケル水素充電池が使われることもある。

自己放電については現在では改善されており
eneloopなどの自己放電の少ないニッケル水素充電池が発売されている。

繰り返し充電して使える回数は500回程度から5000回程度と幅広い。

使用上の注意

ニッケル水素充電池では使用方法を誤ると
破裂や液漏れや故障などの不具合が起こる。

  • 他の二次電池の充電器で充電しない
  • 電池残量が少ない時には再充電するまで使用を控える(過放電防止)
  • 密閉状態で使わない(水中ライトなど)
  • 時折最後まで電池を消費するようにする(メモリー効果対策)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です